FC2ブログ

千田琢哉名言その3583

  2021年07月22日20時55分04秒0009_R

群れと行動力が下がる。

なぜなら、「安心」してしまうから。

人は安心してしまうと、「このままでいいや」と
現状維持でいいと思ってしまう。

反対に、不安な状況下だと「このままではアカン」と
現状打破しようとする。

安心、安全は人の拠り所とするものではあるが、
過度な安心、安全は人をダメにする。

ということは、このコロナ禍、ワクチン禍といった、
社会不安は人を行動へと駆り立てる時代でもある。

千田琢哉名言その3582

  2021年07月22日20時55分04秒0008_R

パラダイムシフトが起きている現代。

人々の関心、価値観、優先すべきことが、
抽象化している。

それは、一点「どう生きるか」にある。

ネット環境やコロナによって、
全体から個へのインフラが整った。

この時人類は、膨大な選択肢に迫られている。

その問いが「どう生きるか」である。

これを契機に、膨大な数の答えが生まれる。




千田琢哉名言その3581

  2021年07月22日20時55分04秒0007_R

働くの語源は、「傍を楽にすること」

それと同様に、
「楽しくさせる」といった
意味合いもある。

なぜなら、
苦痛を軽くすることと、
快楽を与えることは、
結果的に人を幸せにするから。

苦痛を取り除く(ことに成功した)医者と、
人を楽しませる(人気)ユーチューバーは、
報酬が高い。

千田琢哉名言その3580

  2021年07月22日20時55分04秒0006_R

「真剣に」というのがポイント。

多くの人は「読んで満足」「知って満足」「見て満足」
して終わり。

しかし、成功する人は
「真剣に実行」する。

「ただ実行する」のではなく、
「真剣に実行」する。

ただ実行するだけでは、諦めも早いが、
真剣に実行すれば、失敗を分析したり、検証したりして、
自分なりのオリジナル成功法が見つかる。

したがって
「真剣さ」という当事者意識をいかに発揮させるかが、
カギとなる。

千田琢哉名言その3579

  2021年07月22日20時55分04秒0005_R

人間は「知能」を使って
生きることが使命。

その知能が一番生かせる場所が、
「書斎」である。

「書斎」は、知の集積地であり、
それが一番活かされる場所でもある。

会社のデスクではなく、
書斎という自由空間で知の集積回路が
有機的に結びつく。

イノベーションが生まれやすい場所。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: