FC2ブログ

千田琢哉名言その2941

  2019年09月12日06時50分00秒0003_R
いちいち他人に誇ることではない。


インプットとアウトプット

ピーター・F・ドラッカーの名言

“知識労働者の生産物は、それだけでは役に立たない。
それらのものが意味をもつためには、
他の知識労働者がインプットとして使い、
何らかのアウトプットを生み出してくれなければならない。”

誰かの知識をインプットしただけでは、
「自己満足」で終わってしまいます。

知識をインプットし、
自らオリジナリティを加えて、アウトプットしなけば、
インプットする意味はありません。

このオリジナリティが加えられたアウトプットは、
次に誰かのインプットとして役に立ちます。

この世に生きるすべての人は、
誰かのインプットに過ぎなく、
誰かのアウトプットの中に生きています。

千田琢哉名言その2940

  2019年09月12日06時50分00秒0002_R


ブランド・エクイティ

ブランドエクイティとは、「ブランドが持つ資産価値」のことを指します。

このブランドエクイティは、
「ブランド認知」「知覚品質」「ブランド連想」「ブランド・ロイヤルティ」
の4つの構成要素があります。

「ブランド認知」とは、ブランドが、
「どの程度認知されているか」ということです。

「知覚品質」とは、競合製品と比べた時に認識する
「品質」のことを指します。

「ブランド連想」とは、ブランドに対して
「どれだけ受け入れられているか?」ということです。

「ブランド・ロイヤルティ」とは、
ブランドに対しての「忠誠心」を指します。

ブランディングには、これら4つの要素が欠かせません。


千田琢哉名言その2939

  2019年09月12日06時50分00秒0001_R
ようになっている。


アウトプット

アウトプット(output)は直訳すると、
「出力する」「生み出す」いう意味です。

ビジネスシーンにおいては、
「表現・発信」という意味で使われます。

インプットで得た情報や知識をもとに行動し、
その結果として出たものがアウトプットとなります。

コンピューター用語としての「アウトプット」は、
「情報を出力する」という意味です。

コンピューター端末内の情報(テキスト、画像、音声など)を、
外部に取り出す時に使われます。

人がOSとしたら、
発信した情報がアウトプットとなります。

千田琢哉名言その2938

  2019年09月05日20時26分14秒0006_R


形而上学とは

形而上とは、
「形をもっていないもの」「超自然的、理念的なもの」
という意味です。

メタフィジカとも呼ばれます、

「形をもっていないもの」と言えば、
人の心や精神、神様や仏様などです。

形而上学とは、古代ギリシャの哲学者、
アリストテレスによって生み出された概念です。

アリストテレスは、
自然学は事物や世界について、その現象を追求し、
それらのあり方について論じます。

形而上学は、それら具体的な事物や世界を
「存在するもの」として捉え、
「存在の根本原理とは何か?」について探求する学問です。



千田琢哉名言その2937

  2019年09月05日20時26分14秒0005_R


深さ


19世紀アメリカの思想家、
ラルフ・ワルド・エマーソンは次の名言を残します。

“重要なのは人生の長さではない。
人生の深さだ。”

人生のおいて重要なのは、
「どれだけ長く生きたか?」
ではなく、
「どれだけ深く生きたか?」
と言います。

人生の岐路に立った時、

自分のやりたい仕事ではないが、
将来が約束され、何不自由なく暮らせる人生

自分のやりたい仕事だが、
先行きどうなるかわからない、不安定な人生

どちらを選ぶのか?

生きるためだけの「長さ」か、
好きなことをする「深さ」か、

どちらがいい、悪いの問題ではなく、
どちらが好きかの問題です。



プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ