FC2ブログ

千田琢哉名言その3542

  2021年05月09日18時13分38秒0002_R

人は「言葉にできる」と
強力な武器になる。

なぜなら、言語化は
二次元のものを、三次元へと変化させることが
できるから。

「鳥のように飛びたいなあ」から
「飛行機」が生まれた。

「冷たくて美味しいものが食べたいなあ」から
「アイス」が生まれた。

「世界中の人と繋がりたいなあ」から
「インターネット」が生まれた。

頭の中に浮かんだことを、言語化すると、
イノベーションが生まれる。



千田琢哉名言その3534

  2021年04月25日20時22分54秒0005_R

人を動かす原動力となるのが、
「イラっと」

食料がなくてイラっとしたから、
「農作」が生まれた。

夜暗くて何もできず、イラっとしたから、
「電気」が生まれた。

服を手洗いするのが嫌で、イラっとしたから、
「洗濯機」が生まれた。

革命的な発想はすべて
イラっとから生まれた。

つまり、イラっとは、
革命が生まれる種であり、
イラっとして行動するのは、種まきである。

千田琢哉名言その3528

  2021年04月18日08時50分40秒0009_R

すべては、言語化から始まる。

電気が生まれたのも、飛行機が生まれたのも
パソコンが生まれたのも、スマホが生まれたのも、
誰かが、言語化したからである。

ということは、何かを生み出したければ、
「言語化すればいい」ということになる。

言語化した瞬間に、
「どうしたら現実化できるか?」を考えるのが
人間なのだから。

千田琢哉名言その3444

  2021年01月31日19時19分42秒0001_R
それを世間に訴えかけたところから始まるという。

違和感が大事。

なぜなら、違和感こそが、
何かを変えるヒントになるから。

「はじめて入社した時の違和感」

「購入した商品に感じた違和感」

「出逢った相手に感じた違和感」

「触った時に感じた違和感」

「足を踏み入れた時に感じた違和感」

その違和感に気づいた時、
変化は決まっている。

否、変化させたいと思う。

自分なりの「違和感」に。

千田琢哉名言その3442

  2021年01月27日07時34分04秒0004_R
斬新かつ、価値のあるものを生み出すには、
何かと何かを組み合わせる必要がある。

なぜなら、全ては価値創造のために動いているからである。

例えば、レストランで美味しいものを食べるのは、
美味しいものを食べて、気分が良くなる価値を得たいから。

YouTubeを観るのは、自分が興味のある動画以外にも
関連動画を閲覧することができ、そこに価値を見出せるから。

価値を生み出すには、他でもない、
何かと何かの組み合わせが必要になってくる。

すべては価値のために動く。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: