FC2ブログ

千田琢哉名言その3612

  2021年08月26日08時43分28秒0003_R
のことである。

ポイントは「何を」重ね続けることができるかにある。

「売れないもの」を重ね続けても赤字を呼ぶだけ。

「関心のないもの」を重ね続けても悲しさを呼ぶだけ。

「楽しくないもの」を重ね続けても不幸を呼ぶだけ。

「売れる物」「関心のあるもの」「楽しいもの」を
重ね続けることができる人が成功者。

「一発」ではなく、「重ねる」というのが、
成功者。

千田琢哉名言その3561

  2021年05月28日08時34分37秒0002_R

「まずは」というのが肝。

なぜなら、言葉のシャワーを浴びると、
物事の見方の選択肢が増え、
視野が広くなる。

視野の広さがあれば、どんな体験を通しても、
得るものがたくさんある。

反対に、視野が狭いと、
どんな体験も主観的になり、
得るものが少ない。

したがって言葉のシャワーを浴びれば浴びるほど、
人は成長できるのだ。




千田琢哉名言その3560

  2021年05月28日08時34分37秒0001_R

なぜなら本を読んで
擬似体験をしているから、
不測の事態が、予測の事態に変わるから。

心理学を知っていれば、
人の心理状態を予測でき、
不測でなくなる。

経済学を知っていれば、
世の中の仕組みがわかり、
不測でなくなる。

本を読むとタフにならざるを得ない。

千田琢哉名言その3524

  2021年04月18日08時50分40秒0005_R

何か新しいことを始める時、
やらなければならないことがある。

それが、「自分を知ること」

厳密言えば、「自分が何を知らないか」
を知ること。

なぜなら、自分が知らないことを
知らなければ、学習効率が悪くなるから。

1+1=2をする時、
○+○=○しかわかっていなかったら、
永遠に2は求められない。

足すことはわかっていても、
実際の数字が分からなければ、
答えは求められないのである。

したがって、何を知らないかを知ることから、
始まる。




プロフィール

yousow


書家ゆうそ。
千田琢哉の名言を書き連ねること
10年。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: