「依存したもん負け」

  001_convert_20111122203507.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』より。

「いざとなったら相手と別れても
 
 自分はやっていけると腹をくくっているほうが
 
 主導権を握るようになっている」


千田さん曰く、
『追いかけるほう
 追いかけられるほう。

 主導権を握っているのは
 財力でもなければ、権力でもない

 いざとなったら一人でもやっていける人。
 
 ドライだが
 厳然たる事実。』
と。


恋愛でも、仕事でも、
どんな分野でも
こっちから追いかけるのではなく
向こうが追いかけてくるくらいの
魅力の持ち主が主導権を握れる。


反対に
相手にもたれかかり過ぎな人は
相手に主導権を握られてしまう。

それは自分の人生ではありません。

会社との関係も
依存心が強い方が主導権を握られてしまいます。

「独立してもやっていける人」

「会社の看板なしではただの人」


「自分の人生」と
「他人の人生」くらい違うのかもしれません。


現実はこのどちらかしかないのです。



どんなことでも
「腹をくくっているやつ」というのは
一番強いのだと思いました。



追伸
「死」に対して
腹をくくってしまえば
それ以上の恐いものはこの世に存在しません。

だからといって
こういう考えでいたら長生きもできない。


仮に「死」を超越できたところで
人間にできることは変わらないと思います。

「惹かれる言葉」

  001_convert_20111121203149.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』より。

「お金と時間をドブに捨て
 
 さらにそのドブに水が
 
 顔に跳ね返ることになる」


この言葉の表現の仕方が
おもしろいと思い載せました。


よく
「お金と時間をドブに捨てる」
と言いますが

「さらにその水が顔に跳ね返る」

と想像しただけでも
おもしろく、うまく表現しています。

言葉を読んだだけで
想像力が掻き立てられます。


千田さんの言葉は
感情をうまく言葉に載せているので
どんな読者でも読んでいておもしろいと思います。


TVやインターネットは
「映像」と「音声」
最近は「文字」(テロップ)までもが
一瞬にして見ている人に伝わります。

情報伝達力としては最大です。

「本」はどちらかといえばアナログで
「文字」のみの表現で自分で読解しなければなりません。

この「文字」で人を感動させる技というのは
TVなどと比べ物になりません。


どれだけ技術が発展しても
人間は「アナログ」です。


結局のところ
本当に人の心に響くものは
「アナログ的」なものだと思います。



追伸
こういう気の利いた言葉で
人を感動させるようになりたい
今日この頃です…

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ