2015年12月04日15時44分16秒0005_R


出逢いは、
何かの選択と、何かの選択の結果。

私が選択しなければ、あなたに出逢うことはなかった。

これは、相手にも言えること。

つまり、双方の偶然の選択の結果、
こうして出逢えたわけである。

毎日、当たり前に顔を合わしている相手は
偶然の出逢い。

毎日が奇跡。

  2015年12月04日15時44分16秒0006_R
「ありがとう」「ごめんね」「愛してる」


この3つの言葉を言うため、言われるために
僕たちは必死に生きている。

この3つの言葉を得るために、
僕らはすごく遠回りしている。

遠回りして、回りくどくして、難解にして
この言葉を表現している。

もう、目の前に答えはある。

「ありがとう」「ごめんね」「愛してる」

  2015年12月04日15時44分16秒0004_R
という、未来の悩みで自殺するのだ。


過去の悲観ではなく、
未来の悲観で人は死を選ぶ。

過ぎ去った過去を、変えることはできないが、
これから来る未来は、変えることができる。

自分の考えを少し軌道修正すればいい。

少しの時間でいいから、
自分のテンションの上がりそうなことを
妄想する。

好きな食べ物を食べる。
好きな服を着る。
好きな芸能人を思い浮かべる。

その程度で人は生きられる。

  2015年12月04日15時44分16秒0003_R
死ぬことはないのだ。


どうせ死ぬなら、
楽しんでから死にたい。

そう思うのが普通。

逆に言えば、楽しみをたくさん作れば
死にたいなんて思わない。

小さな楽しみでもいいから
作ってみる。

「あれやりたいな」「これやりたいな」が
人間の活動力。

  2015年12月04日15時44分16秒0002_R


石の上くらいなら、我慢すれば
誰だって3年くらい行ける。

10年となると、「我慢」じゃ続かない。

好きも通り越して、
生理現象と同じくらいの感覚で
やってしまう。

10年からやっとスタートできる。

生理現象も通り越して、
「息」と同じくらいの「気づかなさ」が
プロだと思う。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ