2016年01月03日07時38分46秒0018_R
勇気を持って
現状を受容するということだ。



「分をわきまえなさい」=「身の程を知りなさい」
と言われる。
しかしこれには、本当の意味がある。

それが今日の名言。

「勇気を持って、現状を受容する」
ということ。

人間は、自分で自分の弱さを認めることが
できない。

弱さを認めるということは、
強さを認めることでもある。


  2016年01月03日07時38分46秒0016_R
のではなく、
自分に環境を合わせることが
継続のコツだ。



人には、誰にも向き不向きがある。

「環境が人を変える」と言うが、
無理に環境に合わせていると
挫折してしまう。

やれなくなるくらいなら、
環境に合わせる必要はない。

継続できる環境をつくるのが
前提。

効率、成果は継続あってのもの。

  2016年01月03日07時38分46秒0014_R
一番早いのは今、
まさにこの瞬間だ。



明日ではなく、1時間後ではなく、
1分後でもない、この瞬間。

何かを始める時は、常に
この瞬間。

この今という瞬間に
動ける人が未来を変えられる。

否、動いてしまう人が、
未来に向かっている。

フライングで始めていないことは
やる必要がない。

  2016年01月03日07時38分46秒0013_R
工夫はし放題だからである。


持って生まれた才能は、変えることができない。

努力で埋めることも、できない。

だったら知恵を絞って、工夫する。

「才能の穴埋めは、知恵を使い、
 工夫をする努力をする」

これが僕らの才能となる。

  2016年01月03日07時38分46秒0012_R
同じなのだ。


肉体を鍛えようとすると、
必然的に知力が必要になってくる。

やみくもに、毎日筋トレしたら、
必ず故障する。

休息とトレーニングの割合を
考えなければならない。

軽い負荷で、何百回とトレーニングしても
筋肉は太くならないし、
食事のことも考えなければならない。

筋肉一つつけるために
たくさんの体の知識が必要になってくる。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ