2016年02月08日21時17分58秒0022_R
突き放すのも一段上の愛だ。


人間が成長するには、愛が不可欠。

愛には、やさしさが必要。

けれど、
やさしいだけでは水腐れしてしまう。

適度に厳しい環境に置くことが必要。

やさしさと、厳しさのブレンド。

  2016年02月08日21時17分58秒0021_R
相手に勝たせてもらうに過ぎないのだ。


相手が負けて、
「自分の勝ち」ではない。

結果的に自分が勝った状況があり、
その反対側に負けた相手がいただけ。

「今回は…」という話だけである。

勝負とは、
相手に勝つのではなく、
自分に勝つこと。

連続する人生において、
常にライバルは自分自身である。


  2016年02月08日21時17分58秒0020_R
生き抜いて、あなたが自分の人生にいいことを
起こすのだ。



似て非なる言葉。

前者は、受動的。
後者は、能動的。

いいことは、
起こるけれど、起こらない。

ただ待っているだけでは
起こらない。

起こるために、
自分でせっせと仕向ける。

  2016年02月08日21時17分58秒0018_R
呆れるほどに、力に生きる。


これが本能。

男と女は、同じ人間でも、
もともとのベースはおろか
生きるステージが違う。

けれど、お互いを無視して
生きてはいけないところが、
うまくできている。

お互い歩み寄らないと、
幸せにならないようにできている。

愛と力のバランスが人間。

  2016年02月08日21時17分58秒0017_R
諸刃の剣なのだ。


コンプレックスを克服しようとして、
前進できる。

コンプレックスをバネにして、
やれることがある。

コンプレックスに押し潰され、
人生がボロボロになる。

コンプレックスが強すぎて、
やれないことがある。

コンプレックスは、うまく付き合い、
うまくコントロールする必要がある。

まずは、自分のコンプレックスを
受容することから始まる。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ