2016年03月10日04時43分57秒0017_R
シンプルなのだ。


「本質」の対義語は、
「現象」

本質がシンプルなら、
現象は複雑。

起こったことが複雑なら、
本質とは逆。

現象からシンプルにすれば、
本質にたどり着く。

その現象を起こしているのは、
どう考えても、自分。

  2016年03月10日04時43分57秒0016_R
読んでもいいのだ。


実は「~しなければならない」という「マスト」は
現実的に存在しえない。

「仕事しなければならない」と思いがちだが、
仕事をしないで生きている人は、たくさんいる。

「結婚しなければならない」と思いがちだが、
結婚しないで幸せな人は、たくさんいる。

究極は、「生きなければならない」と思っているのは、
人間だけかもしれない。

絶対的という架空に、勝手に囚われている。

  2016年03月10日04時43分57秒0015_R
出逢う。


期待していたことで、期待外れのことはよくある。

期待していなかったけれど、
期待以上の何かを得ることがある。

それは、
意識的には、何も期待してなかった。

けれど、
ム意識的には何かを欲していた。

無というより、ム。

  2016年03月10日04時43分57秒0014_R
あるように、
どんな人生でもたった一言のコピーに集約されるのだ。



人の人生は、何か一つのことを
あの手この手で表現しているだけの話。

そうしないと、人には伝わりにくいから。

一言で言っても、当たり前すぎて
人には聞いてもらえない。

だから、たくさんの自己表現をする。

正確に言えば、
自分で自分を難しくしているだけの話。

死ぬ間際に言った言葉が、
その人の人生のコピー。


  2016年03月10日04時43分57秒0013_R
理由ではなく、誰にも気づかれない違いこそが
真の理由であることが多い。



人は、黒か白かはっきりさせたい。

誰にでもわかる正解が欲しい。

でも本当は、白、黒はっきりしない
グレーが一番大事だったりする。

グレーという中間があって、
白や黒が際立つ。

否、白や黒が、
グレーを際立たせている。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ