2016年05月01日04時50分28秒0018_R
「独」りで「立」つことなのだ。


独りで立つ究極は、「無人島暮らし」だ。

誰もいない、何もない土地で
生きていくことが究極の独立。

仕事も同じく
誰もいない、何もない土地で
生きていくことができるか。

起業後10年で、8割が倒産する
世の中で、生きていくことができるか?

無人島暮らしより、シビア。


  2016年05月01日04時50分28秒0020_R
本当はその問題を解決したくないからだ。


あちこちに相談するのは、
誰かに話して、現実逃避したいから。

夏休みの宿題みたいに、
「明日、明日・・・」と先延ばしにしているだけ。

本当に解決する気があるなら、
黙って自分でどうにかしている。

「解決したい!」は
「解決したくない!」=「今のままがいい!」
ということ。

「成功したい!」は
「成功したくない!」=「今のままがいい!」
ということ。

  2016年05月01日04時50分28秒0019_R
ができる。


一度目の人生は、誰かの為の人生。

二度目の人生とは、誰でもない
自分の為の人生。

二度目の人生を歩むには、
「孤独になってありのままの自分と向き合う」
とある。

つまり、孤独になると、
延命しようと、活性化する。

ありのままでは、生きていけないから
一皮ムケル。

  2016年05月01日04時50分28秒0017_R
不運をシャットアウトできるということだ。


ゴタゴタに巻き込まれるのは、
運が悪いからではない。

自ら望んで、ゴタゴタに巻き込まれて
運を悪くしている。

真面目にゴタゴタに首を突っ込んでいる
自分が原因。

ゴタゴタは自分が解決する必要もないし、
一過性のものだから放っておけば
やがて、消失する。

ゴタゴタからは、距離を置くことで
自分の気分の低下を防ぐ。

  2016年05月01日04時50分28秒0016_R


自分で納得できることなら、
自分が間違っていても、
楽しい。

他人の正しいことは、
いくら正しくても、
つまらない。

正しいのは、つまらない。

間違っていても、楽しければいい。

間違いは、誰かにとっての間違い。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ