2016年06月05日21時56分22秒0021_R
その場を心から楽しめばいい。


たったそれだけで、人は幸せになれる。

その場を心から楽しめないのは、
ありのままを受容していないから。

ありのままとは、鏡に映った自分ではなく、
鏡から見た自分のこと。

自分を見つめている自分のこと。

たったそれだけのことができなくて、
僕らは、悩み続けている。

  2016年06月05日21時56分22秒0020_R


相手の欲求を満たすことが、
あらゆる仕事の本質。

人間の行動すべてが、
満たされないものを満たそうという
動き。

満たされないものを、
満たしてくれた時、人は喜び、感謝する。

男が女に求めるもの、その逆も。

親が子に求めるもの、その逆も。

社長が、社員に求めるもの、その逆も。

空腹を満たそうという動き。





  2016年06月05日21時56分22秒0019_R
私は、
「汎用性はないかもしれないけど、
気づけるもの」が大好きだ。



「汎用性とは、さまざまな用途に用いることができる。」
ということ。

つまり、
「万人受けはしないが、ある一定の人種からは受ける」
ということ。

それは、どんなことかと言えば、
「万人が見ていない部分を、見ている」ということ。

同じものを見ていても、
角度が全然違う。

色彩も違う。

そもそも、目のついている場所すら
違う。



  2016年06月05日21時56分22秒0018_R
速くなる。


背筋を伸ばすと、脳への血流が良くなり、
同時に酸素が送られ、頭の回転が良くなる。

なにより背筋を伸ばすと見た目がいい。

背筋を伸ばすことはメリットしかない。

もはや人生は、いかに背筋を伸ばすことができるかで
決まる。

背筋を伸ばす競争と言っても過言ではない。

  2016年06月05日21時56分22秒0017_R
楽しさと、健康を目的にしている。


いくら体にいいと言っても、
体が要求しないものは、精神的には健康ではない。

この精神的に健康でないものは
その人にとっては、毒以外何ものでもない。

体に良くないものでも、
体が欲していれば、良薬以外何ものでもない。

その人の食事とは、その人の人生そのもの。

安定はしているけど、楽しくない仕事で、
我慢しながら生きるのも、その人の人生。

体にはいいけど、おいしくないものを食べて
我慢しながら食事するのも、その人の人生。




本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ