2016年10月13日22時06分27秒0013_R
ということなのだ。


仕事の完成は整理整頓された状態にある。

整理整頓とは、段取りのこと。

何も無い状態から何かを生み出し
何もない状態に持っていく。

何も無い状態なら、また何かが生まれる。

段取りをいいと、そのサイクルが早い。

  2016年10月13日22時06分27秒0012_R
パニックは治まる。


霧の中にいると、パニックになる。

方向がわからなくなるから。

自分の場所がわからなくなるから。

つまり、自分を見失うからパニックになる。

自分が何をしたいのかわかれば、
自分を取り戻せる。

答えはいつも自分の中に。

  2016年10月13日22時06分27秒0011_R
やるべきことを紙に書き出す。


忙しいとやることがいっぱいあるような気がする。

けれど、紙に書き出してみると、
3つくらいしか思い当たらない。

頭の中だと無数に感じる。

脳は「要素」を延々と生み出すから。

紙に書き視覚化すると、
そこでストップする。

  2016年10月13日22時06分27秒0010_R
待っている方が、罪が重いのだ。


遅刻した人間を待っているということは、
遅刻する人間に合わせるということ。

遅刻する人間に合わせるということは、
愛ではなく、偽善。

というより、同じ穴のムジナ。

合わせることが大事だと言われるが、
合わせることで失うものがある。

合わせないで失うことの方がいい。

  2016年10月13日22時06分27秒0009_R


「早く始めるから、早く終わる」
という単純な話ではない。

取り掛かりの決断が早いから、
その過程の決断も早く、
結果も早い。

スピードに乗っているから早い。

取り掛かりが早くても、
決断のスピードが遅ければ、
結果は遅くなる。

決断が早いのは、
結果にフォーカスするのではなく、
感性にフォーカスする。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ