「共咲」

  001_convert_20111030203957.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『継続的に売れる セールスパーソンの行動特性』より。

「共に咲く喜び」

武者小路実篤の言葉ですが、
千田さん曰く、
『セールスパーソンが継続的に売れている場合は
 その周囲の人たちも成功し続けている。

 お互い足を引っ張り合うことなく
 互いに上昇していく。

 誰か一人を成功させ一点突破を狙う。

 共に上昇気流に乗り、
 最終的に全員が成功する。』
と。

「共に咲く喜び」
英語で言うと

001_convert_20111030204533.jpg


人は自分の周りで誰か成功しかけると
「嫉妬心」から足を引っ張り妨害します。

成功しかけた人もそれを払いのけようと
しますが、結局全滅です。

いかに周囲が成功した時に
心から喜んであげられるかが
「自分が成功するカギ」となります。

「自分だけ…発想」は自分だけでなく
周りも不幸にします。

人は一人では生きていけません。

みんないるから生きていける。
みんないるから今の生活がある。

「人は人によって支えられている」とは
本当の事。

そんな中で「自分だけ…」という風にはなりません。

物事って一見、矛盾だらけに見えますが
そうでもないです。

どこかでバランスを保っています。


追伸


英語で言うと何故か親近感が沸きます。

なんでかな。
言葉に気持ちが入っている感じかします
関西弁もそう感じます。

なんかいいですね。

「スピード狂3」

  001_convert_20111029204824.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『継続的に売れる セールスパーソンの行動特性』より。

「巧遅は拙速に如かず…?」

意味は
出来がよくて遅いよりも、出来は悪ても速くできるほうがよいということ。

孫子の言葉ですが
千田さん曰く、
『クイックレスポンスがすべてではない。
 
 クイックレスポンスが当たり前という
 価値観になっていますが
 それを相手に強要してはいけない。

 質もスピードを意識するあまり
 拙くなるのはよくない。
 
 思いやりを忘れてはいけない。』
と。

自分もしてるから相手もして当然。

確かに正論かもしれませんが、
大事なことを見失っています。

クイックレスポンスはもともと相手のためだったはず
それが相手に求めた時点で自己満足になったのです。

まさに本末転倒。

こういうのは仕事に限らず日常でも
知らず知らずのうちにしていると思います。


相手のためと思い、やった事が
いつしかそれをすること自体が目的になってしまう。

手段が目的になってしまったのです。

相手への思いやりを忘れた瞬間に
自己満足となるのです。


「ミイラ取りがミイラになる」

普段から自分というものを意識していないと
人間はのまれます。

どんなものにも、のまれやすい生き物です。

もちろんいい環境にのまれれば
よくなることは間違いないです。


追伸

みんな千田琢哉さんのイイ言葉の波にのまれてください。

「利己的」⇒「消滅」

  001_convert_20111028164705.jpg
001_convert_20111028164858.jpg
001_convert_20111028165038.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『継続的に売れる セールスパーソンの行動特性』より。

「『今だけ』『ここだけ』『自分だけ』発想というのは
 
 今まで多くの業種、業界においてわずか数年で
 
 去っていく
 
 セールスパーソンや会社に見られる
 
 見事なまでの共通点でした」
 

千田さん曰く、
『相手のことなど考えず
 目先の利益、自分の収入しか頭にない卑怯者は
 時期尚早、淘汰される。

 利益や予算ノルマとは一瞬のもの、
 大切なものは数値化できない。』
と。

「今、ここ、自分だけ発想」というのは
仕事面だけでなくすべてにおいて精通していると思います。

要するに「自分勝手」なのです。

恋愛にしたって、結婚にしたって
遊びにしたって、
「自分さえよければ…」
なんて考え通用しません。

独裁的な考えは必ず悲惨な最期を
遂げるというのは世の常です。

小学生、いや
幼稚園生でも教えられていることです。

「人からされて嫌なことはしてはいけません」

この教えがすべての基本です。
すべての基準です。

けれど現実社会では
それと真逆の事が横行しています。

「今がよきゃ、いいんじゃないの…」

TVのインタビューで
自称ニートが言ってしました。

それと同じことです。

追伸
ニートとは
「職を持たず、学生でもなく、求職もしていない人」

よくも悪くも
日本はそれだけ豊かで平和だということです。

そんな日本に生まれたこと自体に感謝です。

「神様」

  001_convert_20111027170351.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『継続的に売れる セールスパーソンの行動特性』より。

「細部にこそ神が宿ります」

千田さん曰く、
『細部というのは
 「靴」「財布」「名刺入れ」
 それら自体が本質ではなく結果、物語るもの。

 「靴」は汚れやすく服と違って
 最後に目の行くところだから印象が残る。

 パンパンになった名刺入れなど
 見栄えが悪いだけでなく
 自分の仕事の不出来があらわになる。』
と。

細かいところだからこそ
逆に目立ってしまいます。

その人の「私生活」と「仕事」の
「共有部分」だからこそ人の目を引いてしまいます。

千田さんの言う
「神が宿る」

本当にそれくらいの力があります。

逆にきれいならば
「細かいところまで気を使える人」
「ものを大事に使える人」
といい印象ばかり。

天と地の差はつきます。

人への感謝も大事ですが
物への感謝も大事です。

現代は良いものが安く手に入り、
ダメになったらすぐ捨てる。
「使い捨て現代」です。
そこに感謝はありません。

物へ感謝すれば愛着心が生まれ
自然と大事にできるようになります。

すべてのものに感謝です。

追伸
「ハワイ」では
すべてのものに神が宿るという
日本と同じ教えがあります。

すべてのものに神さまが宿っていれば
すべてに感謝できそうですね。

粗末にすることも無くなるのではないかと
思います。

「殿様セールス」

  001_convert_20111026075819.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『継続的に売れる セールスパーソンの行動特性』より。


「桃李言わざれども下自ずから蹊を成す」

この言葉は中国前漢時代の歴史家・司馬遷の言葉ですが
意味は
「桃や李(すもも)は口に出してものを言うわけではないが
 美しい花や美味しい実があるから自然と人がやってきて
 そこに蹊(小道)ができる」

千田さん曰く、
『桃や李は人格のある人のたとえ
 そういう徳育のある人には
 その徳に募って人々が集まる

 継続的に売れるセールスパーソンの本質も
 同じこと。』
と。


「引き寄せる力」がある人は
自ら何もしなくてもどこからともなく人がやってくる。

その人柄であったり、雰囲気、人格。

最初から人を引き寄せる魅力があれば
声をかけなくてもみんな集まります。

いくら商品がよくても
サービスが悪ければ売れません。

その逆で
商品は悪いがサービスがよくても
その場限りの契約となってしまいます。

せっかくいい武器を手にしていても
それを使いこなせなければ意味ないし、
テクニックはあるけれど
いい武器がなければ勝てないのと一緒です。

つまり
その商品を考えるのも「人」
そのサービスをするのも「人」
すべて「人」によってつくられています。

桃や李のように
人を惹きつけ満足させるような力があれば
人は自然と集まってきます。

もはや「自然の摂理」です。


追伸
小さい頃、
「ネクター」というジュースが大好きでした。

でもなぜ「ネクター」?

果面に毛のあるものを「ピーチ」と呼び、
毛のないものを「ネクタリン」と呼ぶそうです。

冷やして食べると甘みが増します。

その際は冷蔵庫で冷やすのはNG。

氷水で冷やすのがベスト。

香りが飛びません。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ