Q.仕事の納期に間に合わなくて、潰されそうです。何かいい方法はありませんか?

  千田琢哉名言その2164

A.
2017年06月18日16時54分45秒0026_R

他人が決めた締め切りを守らなければならないと思っているから
しんどいのだ。


ゆうそ考察)
仕事の締め切りがしんどいのは、根本的に考え方が違います。
他人の決めた期日通りに、予定を組んでいるからしんどくなるのです。
自分で期日を決めてしまえば、ノンストレスです。
「自分で期日を決められるわけないだろう!」
確かに期日は相手が決めるものです。
しかしその期日は守るのは前提で、それ以外の予定は自分で決めることは可能です。
期日ピッタリに仕上げる必要はなく、期日より前倒しして仕上げることもできます。
やることは同じですが、精神衛生上、能率は格段に違います。
締め切りに追われながらでは、いい仕事はできません。

誰にでも締め切りは必要。締め切りがないと気持ちが緩んでしまうから。
―ウォルト・ディズニー


「永遠の命、永遠の若さを手に入れたい」と言います。
それは果たして幸せでしょうか?
命に締め切りがあるからこそ、「今」を大事にできます。
命に締め切りがあるからこそ、「あなた」を大事にできます。
命に締め切りがあるからこそ、「自分」を大事にできます。
命に締め切りがあるからこそ、輝くことができる。
流れ星が美しいのは、一瞬だから。


Q.組織崩壊の危険な兆候を教えてください。

  千田琢哉名言その2163

A.
2017年06月18日16時54分45秒0025_R
お客様の前でふんぞり返っている。

ゆうそ考察)
組織に属していると、その組織のトップ頭の中が、
組織全体の従業員にインストールされます。
頭の中だけでなく、態度や性格までもインストールされます。
それは末端の社員からアルバイトにまで完全にインストールされるので、
アルバイトや末端社員の行動から、トップの頭の中が公開されます。
千田本曰く、
「社長を含めて男性が威張っている会社の将来は危ない。」
社長がふんぞり返っていると、
重役も部長も課長もアルバイトも、ちゃんとふんぞり返ってくれる。

威張る男は、要するにまだ一流でないということです。
―オードリー・ヘプバーン


そう考えると、人は誰かの前でふんぞり返ると
衰退の一途を辿るということになる。
ふんぞり返るとは「威嚇」
威嚇とは「恐れ」
恐れとは「悪いことが起こるのではないかという懸念」
悪いをイメージした通りの結果となる。

Q.何をやっても中途半端で終わってしまいます。どうすればいいですか?

  千田琢哉名言その2162

A.
2017年06月18日16時54分45秒0024_R
体に汗をかくか、脳みそに汗をかくか、
もしくはその両方をしなければならない。


ゆうそ考察)
体に汗をかくというのは、「トライアンドエラーを繰り返す」ことです。
脳みそに汗をかくというのは、常に改革をするために戦略を練る」ことです。
動いてばかりでも行き詰まり、考えてばかりでも進まないので、
最終的に体も脳みそも汗をかくことで、物事を成し遂げることができます。
千田本曰く、
「あなたが質を語ろうと思ったら、
まず圧倒的な量をこなさなければならない」
質とは、勘所なので最初から質は求められません。
量→質の順です。

練習は量より質、質より気分。
―平尾誠二


気分とはモチベーションのこと。
量をこなすために、モチベーション維持は欠かせない。
質を求めるために、モチベーション維持は欠かせない。

Q.夫婦がお互い輝き続けるために必要なことは何ですか?

  千田琢哉名言その2161

A.
2017年06月18日16時54分45秒0023_R
相手を束縛しないで、そっと自由にさせてあげることだ。

ゆうそ考察)
お互いに冴えないカップルになってしまう最大の原因は何でしょうか?
お互いが束縛し合い、自分磨きを怠るからです。
相手を束縛すると、必然的に自分も束縛される身になる。
「私も不幸してるのだから、あなたもしなさい」と。
よって、自分磨きの時間がなくなり、冴えないカップルの出来上がりとなる。
千田本曰く、
「共に輝き続けるか、共に衰退し続けるか、
どちらでもあなたが好きな方を選べばいい。」
相反するものは、共存できないから、
自分のなりたいようになる。

よい生活は、恐怖や束縛やお互いの自由に対する干渉の上に築くことはできない。
―バートランド・ラッセル


束縛は、相手を支配しているのではなく、
自分を支配していることになる。
束縛から解き放ってあげるのは、相手ではなく
自分である。

Q.男性が喜ぶ言葉の使い方を教えてください。

  千田琢哉名言その2160

A.
2017年06月18日16時54分45秒0021_R

ゆうそ考察)
男性はストレートにものを表現します。
女性は間接的な表現ですが、男性は直接的な表現を好みます。
太古からの遺伝子がそうしています。
外で狩りをするためには、スピードが命。間接的では命取りになります。
論理的で的確な指示を出さなければなりません。
千田本曰く、
「男性と言うのはロジカルに考えて、スッキリと答えが出るものを
好む傾向にあるのだ。」
ストレートでスッキリ、スピーディーでスッキリ。
男性そのものです。

男たるもの大きな志をもち、それに向かって邁進せよ。
―斎藤茂太


ストレートだから、単純なものを好む。
対極の間接的なものを嫌う。
太く短く生きたいと思っている。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ