Q.人に嫌われやすい人の特徴を教えてください。

  千田琢哉名言その2307

A.
2017年12月05日07時01分05秒0002_R

ゆうそ考察)
嫌われないように頑張る=いい人。

いい人は、自分にウソをついていい人を演じ続けなければならないので、
最終的にいい人ではない自分をさらけ出してしまうことになる。

周囲はその瞬間を見逃さない。

最終的に、いい人は最も嫌われる。

千田本曰く、
「いい人に昇格した瞬間、周囲は全員敵になり、
あなたの粗探しが始まるのだ。」

嫌われる勇気を持つことで、
自他共に、幸せになる。

金を貸すと嫌われる。
―格言


恩を貸すと返ってこない。

返ってこないから嫌いになる。

嫌いになるから嫌われる。

いい人を通して、恩を売っている。

Q.人生は、人間性を高めることに力を入れた方がいいですか?

  千田琢哉名言その2306

A.
2017年12月05日07時01分05秒0007_R

ゆうそ考察)
なぜ実力のない人が人間性を持つのは、
卑怯なのでしょうか。

それは、実力磨きから逃げて、
お手軽な人間性磨きを目指しているからです。

千田本曰く、
「人間性より実力。
実力磨きを通して、人間性を磨く」

実力磨きをすることで、
本物の人間性が磨かれるといいます。

実力も人間性も兼ね備えているから
尊い。

市に帰するが如し
―ことわざ


いい人に逃げてしまうと、いい人を演じなくてはならない。

いい人は長く続かないから、いい人でいられなくなる。

いい人でいられなくなったら、いい人の存在価値はない。

Q.自分の実力を知るためには、どうすればいいですか?

  千田琢哉名言その2305

A.
2017年12月05日07時01分05秒0006_R

ゆうそ考察)
今いる土俵の日本一を知ると、射程距離が測れます。

今いる土俵の世界一を知ると、謙虚になれます。

千田本曰く、
「自分の業界の日本一と世界一を把握しておくだけで、
志が変わってくるはずだ。」

日本一、世界一を知ることで、自分の志が変わる。

踏ん反り返っている場合ではないと気づかされる。

永遠に謙虚でいられる。

実るほど頭が下がる稲穂かな
―ことわざ


上に行くにつれ、頭を下げる機会が増えるのではなく、
上を知るからこそ、頭が上がらなくなるのです。

謙虚さは、常に挑戦者である証。

Q.会議の本質は何ですか?

  千田琢哉名言その2304

A.
2017年12月05日07時01分05秒0005_R
取り入れましょう」
ということになっているが、本音では
「決定権者の思い込みをいかに実現させるか」
が目的なのだ。


ゆうそ考察)
「皆平等で、組織一体となって会社の業績を上げていく」
というのは、おもて面の答えです。

裏面の答えは、「決定権者の思い通りに事を進める」というのが
組織です。

千田本曰く、
「会議とは決定権者が予め答えを決めていて、
それがいかにバレないように
自然に賛成するかを演技する儀式なのだ。」

この本質を見抜けないと、出世コースから外される。

人間はその本質によってではなく、
本質と思われるものによって評価される。
―リットン


正しさより、大切さを。

正義より、大儀を。

正論より、曲論を。

Q.お金があれば仕事をする必要はないのでしょうか?

  千田琢哉名言その2303

A.
2017年12月05日07時01分05秒0004_R
するためにするものなのだ。


ゆうそ考察)
実際、ニートや浮浪者は仕事をしていません。

仕事をしなくても、生きていけるのです。

では、なぜ仕事をするのでしょうか?

それは人間らしい生活をするために必要だからです。

つまり仕事とは、
人間らしく生きるための手段ということになります。

只より高い物はない
―ことわざ


タダで手に入るものは、別の何かで代償を払う必要がある。

give&takeではなく、ただ傾いた針が戻るだけの話。

それは、良くも悪くも、ただ正常に戻るだけ。



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ