FC2ブログ

我儘を言う為に生まれてきた

  千田琢哉名言その2337

2018年01月01日22時01分09秒0011_R

ビジネスは、能力でするものではなく、
好き嫌いでするもの。

決定権者の好き嫌いによって、
仕事が成立する。

一見、能力で仕事をしたほうが、
効率がよく、生産的に思える。

しかし人間は機械ではなく、アナログな生き物である。

ゆえに、好き嫌いが最終決定となる。

これらを踏まえた上で、
人に接するとすべてが納得できてしまう。

では、なぜ人は好き嫌いで生きているのか?

それは、好き嫌いという最高のわがままを通せる
世の中になって欲しいから。

ミクロではなく、マクロとしてのわがままを通せる世の中。

自分のわがままが人の役に立つことを
人は成功とよぶ。


進化or退化

  千田琢哉名言その2336

2018年01月01日22時01分09秒0010_R

なぜ成長しないのか?

それは、目的がないからです。

では、目的とは何か?

それは、目的のある人生を送ること。

つまり、人生は自ら目的を創り、
それを達成するための時間ということになります。

これを言い換えると、「成長」に回帰する。

そもそも、成長しないとなぜ疲れるのか?

それは「楽しいことは時間が経つのが早い」からです。

つまらない時間は、長く感じるけれど、
楽しい時間は、早く感じる。

楽しいとは、目的があるから楽しい。

目的があると楽しいから、早く成長する。




プライマリーインフォメーション

  千田琢哉名言その2335
2018年01月01日22時01分09秒0009_R

人間の脳は単純で、
言われたことをそのまま受け止めてしまう性質があります。

それが信用できる人、影響力のある人、権威のある人の言葉であれば、
尚の事、信じてしまいます。

つまり、言葉とは情報のことで、
信用できる人、影響力のある人、権威のある人という高い情報は、
人をコントロールできるということになります。

逆に言えば、どこの馬の骨かもわからない人間の言葉は
誰の耳にも響かないとなります。

どれだけアピールできるかが、
どれだけ影響力があるかと同等の意味なのです。

では信用できる人、影響力のある人、権威のある人とは、
どんな情報を持っているのか?

それが「一次情報の量」です。

一次情報の量と質が、力となるのです。

質の高い情報とは、一次情報のこと。



ミクロのバランス 

  千田琢哉名言その2334

2018年01月01日22時01分09秒0008_R

背負っているものが大きいということは、

「それだけ世間に大きな影響を与える&
それだけ世間から必要とされている」

反対に、
背負っているものが小さいということは、

「世間に影響を与えられない&
世間から必要とされていない」

公共の場というのは、唯一
「人間皆平等」が表面化にある。

人間皆平等の場であるがゆえに、
腰が低くなる前者。

人間皆平等の場であるがゆえに、
腰が高くなる後者。

バランスに則って、世間は今日も直走る。

暇で、恥ずかしくない生き方

  千田琢哉名言その2333

2018年01月01日22時01分09秒0007_R

そもそもなぜ忙しいのか?

それは下の人間だから、
人に仕事を任せることができない。

人に仕事を任せることのできない下の人間は、
恥ずかしいということになる。

つまり、サラリーマン社会では、
仕事を抱えている人ほど、下の人間ということになる。

忙しいと恥ずかしいの因果関係は、
「忙しいから」というアピールが恥ずかしく、
「恥ずかしいから」というアピールが、忙しさを招く
ということになる。

成功するには、
暇で、恥ずかしくない生き方をすればいい
ということになる。




プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ