FC2ブログ

安全投資

  千田琢哉名言その2463

2018年04月25日17時32分16秒0021_R
勉強して頭に投資しておけば間違いない。

頭への投資は、ムダがない。

何者にも、影響を受けない。

未来永劫、残るもの。

投資すれば投資するほど
リターンが得られる。

奪われることもない。

有機的に結びつけることができる。

AIもマネできない。

すべては、勉強に収束する。

信ずるものは救われる

  千田琢哉名言その2462

2018年04月25日17時32分16秒0020_R

「騙し合い」とは、
詐欺などではなく、完全犯罪に近い「騙し合い」のこと。

相手は騙されているなんて毛頭なく、
むしろ感謝し、お金も差し出す。

これがビジネスにおける「騙し合い」の要素。

たとえ騙されていたとしても、
満足できるレベルの「騙し合い」

ここに、明暗が分かれる。

ここに、ヒントが隠されている。

ここに、資本主義のニオイがある。

頭の中の出逢い

  千田琢哉名言その2461

2018年04月25日17時32分16秒0019_R

読書をするということは、
著者の考えと自分の考えを議論する
ということ。

著者の主張に対する、自分の答えが、
読書である。

つまり読書は、
お互いの主張のぶつけ合いという、対話になる。

「○○は○○です。」

(確かにそうだ!)

「○○は○○です。」

(そうとも考えられる…)

「○○は○○だ。」

(前は違うことを言ってたような…)

この対話は、永遠に続く。

コラテラル

  千田琢哉名言その2460

2018年04月25日17時32分16秒0018_R

お金で得をさせると、
サービスの質が低下する。

お金で得をさせると
次回もお金で得をさせなければならないので、
値下げ合戦に巻き込まれる。

値下げ合戦は、首の締め合いなので、
お互い窒息死する。

お金以外で得をさせることで、
双方共に、質が向上する。

そもそもお金以外で喜ぶことはすべて
サービスに繋がっている。

つまり双方共に
「幸せスパイラル」に巻き込まれる。

疾風に勁草を知る

  千田琢哉名言その2459

2018年04月25日17時32分16秒0017_R
本当に実力がある人は、
不況になると相対的に浮き上がることができるのだ。


生き残れる者は、
好況でも、不況でも生き残れる。

好況で生き残れたが、不況で潰れてしまうのは、
時代に寄りかかっていたから。

どうあっても、潰れる運命にあった。

好不況関係なく、生き残れる者は
時代から自立していた。

時代に関係なく、不易流行を貫いた者だけが
生き残れるのである。

逆に言えば、不況にこそ
本質が露呈される

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ