FC2ブログ

税金=嫉妬

  千田琢哉名言その2521

2018年06月25日19時20分51秒0015_R

嫉妬されるのは、
嫉妬される能力、成果、報酬、人間性、
すべてにおいて。

つまり、選ばれし者の特権でもある。

選ばれし者は、バランスを取るために、
「嫉妬」される。

選ばれし者に、必ずついてくるものが、
嫉妬である。

選ばれし者が逃げられないものが、
嫉妬である。

比べることは生きること

  千田琢哉名言その2520
絶対的に強かったのではなく、
2018年06月25日19時20分51秒0014_R
だけである。

絶対は存在しない。

絶対的に強いと確信していたら、
いつかは負ける。

相対的に強いと確信していたら、
戦略が変わり、勝ち続けることができる。

一般的に、相対は弱く、
絶対は強いと思われる。

しかし実際は、絶対は弱く、
相対は強いのだ。


摂理

  千田琢哉名言その2519

2018年06月25日19時20分51秒0016_R
委ねれば、人生はうまく運ぶようになっているのだ。


成すべきことを成すとは、
「自分の才能のある分野で没頭する」
ということ。

自然に身を委ねるとは、
「天命を待つ」
ということ。

才能のある分野でなければならない。

没頭しなければならない。

追うのではなく、追いかけられなければならない。

まず、才能ありき、
そこから始まる。

牡丹餅を置く

  千田琢哉名言その2518

2018年06月25日19時20分51秒0017_R
必要はまるでないのだ。


「天」とは、自分のこと。

自分とは、自然の摂理に則った自分のこと。

自然の摂理に則った自分とは、
好きなことをして生きている自分。

好きなことをして生きている自分とは、
好きなものに囲まれている自分。

好きなのものに囲まれいている自分とは、
好きなものを囲んでいる自分。

つまり、棚に牡丹餅を置いて、
揺すること。

「矛盾だらけの世の中」は正しい

  千田琢哉名言その2517

2018年06月25日19時20分51秒0013_R
論理的に解明できるものではない。



混沌としているのには、
ワケはない。

ワケがあるとしたら、
「混沌としていたい」から。

何かの法則をもって、
その答えが成り立つとしたら、
それは「偶然」でしかない。

目があるのに見えない。

耳があるのに聞こえない。

矛盾だらけで法則性がないのが、
ごく自然。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ