FC2ブログ

日常が夢の中

  千田琢哉名言その2629

2018年10月23日21時27分22秒0007_R

人生とは、「日常の連続」。

日常、つまり「今」の連続が人生となる。

目標達成するために、
理想の未来をイメージすることは、
大事なこと。

しかし、「未来があるから」
動けないこともある。

「いつか変わる」ではなく、
「今」を変えなければ、未来は変わらない。

今こそイメージすべきであり、
今、理想の未来を実現する。


空高く舞う

  千田琢哉名言その2628

2018年10月23日21時27分22秒0006_R
凧を上げるには、
走らなければならない。

走りながら受けた風によって空に上がる。

はじめははうまく飛ばない。

うまく飛ばせるようになる。

しかし高くなればなるほど、風(抵抗)も強くなる。

強風によって、糸がちぎれてしまうことも。

しかし、風(抵抗)があるから
安定しているともいえる。

「自分で走る」「なかなか飛ばない」「上がるときは一気に上がる」
「強風が待っている」「安定する」「いずれは落ちてくる」

まさに「夢は凧」。

自動化

  千田琢哉名言その2627

2018年10月23日21時27分22秒0005_R

潜在意識のレベルを上げるには、
レベルの高い環境に身をおくことから始まる。

レベルの高い環境では、
「それが当然」なので、
意識と能力がオートメーションで高くなっていく。

レベルの低い環境では、
「それが当然」なので、
意識と能力がオートメーションで低くなっていく。

どんなに高くても、どんなに低くても
自分の中で「それが当然」といえるレベルに
収束する。

こころとからだ、
自分と環境のつながり。

下限ラインの安定化

  千田琢哉名言その2626
2018年10月23日21時27分22秒0004_R
底上げすればいいのだ。

下限ラインをインプットすることで、
「それ以下」にならない仕組みが構築される。

それ以下にならない仕組みがあるので、
上限ラインに冒険できる。

上限ラインに冒険することで、
下限の底上げを見込める。

下限が上がっていくことで、
上限も上がっていく。

まずは、下限ラインを安定化される。

頭の中で1年半

  千田琢哉名言その2625
2018年10月23日21時27分22秒0003_R
「思いは500回で1セット」なのだ。

1日1回のイメージトレーニングで
500回は、約1年半強。

3年の半分強。

「石の上にも三年」の観点からいうと、
イメージトレーニングだけで半分以上、費やす計算になる。

つまり、それほどイメージの力は絶大といえる。

イメージしたら、イメージ通りに行動することで、
イメージ通りになる。





プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ