「クオリティが上がる方法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。







「『じっくり考えます』を正式に翻訳すると

『普段何も考えていない

知的怠惰の給料泥棒です』」


                  
by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田さん曰く、
『「じっくり考える人」は普段何も考えていないから
 土壇場になって考える。
 
 そういう人は知的怠惰で
 じっくり考えてもろくなアイデアが生まれないと
 わかっているので先延ばしにする。』
と。




即時処理しないから更にクオリティが下がる。

なぜ即時処理なのか?
そのときが相手にとって一番熱意がある時だからです。


「鉄は熱いうちに打て」です。


人間は感情の生き物。

一番ホットな精神状態だからこそ効果があるのです。


「じっくり考えます」ほど
社交辞令染みた言葉はありません。


「先送りにしたい」とひしひし伝わってきます。

そうはっきりと言ってくれた方が
まだ付き合っていけるのではないかと思います。




「知的惰の給料泥棒」

このフレーズがいいです。

もし本人がこれを言えたら
逆に赦してあげそうなくらい正直です。



【一文字名言へ転換】




「邪魔する人の対処法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「あなたの人生のジグソーパズルに

必要なピースなのだ

光を映えさせるための真っ暗闇のピース」


                                                     by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『生涯、人を邪魔し続ける人というのは
 あなたの人生にとって必要な存在だったということ。

 自分の人生のジグソーパズルに必要な1ピース。』
と。





「闇があるから、光が映える」

どんな職場にも生息する「邪魔しマン」


彼らは人の人生を邪魔しまくってその人生を終えてゆく。
(本人たちは気づいていないが…)

もはやそういう役割だと割り切るしかない。

他人のジグソーパズルの真っ暗の1ピースなんだと。






もしかしたら自分も
ある人にとっては光輝く1ピースになるかもしれないし
またある人にとってはどす黒い1ピースになるかもしれない。



けれど安心してください。
どちらにとっても相手にとっては必要な1ピース。


人生に無駄になる事なんて1つもないのだと実感しました。



「ブタに真珠」
「ネコに小判」


「ブタ」も「ネコ」も価値あるものを、さらに価値を上げる役割を担っていた。

無駄なものはなに1つ存在しない。



【一文字名言に転換】


「学びの心得」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「無能な敵はありがたいけど

 無能な身内ってこれ以上に質の悪い敵は

いないわけだ」


                                                     
by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『この人たちが凄いのは
 自分で邪魔していることに気づいていない。
 
 だから生涯を人の邪魔しまくって終えていく。
 
 そういう役割なんだと解釈する以外に納得できない。』
と。



こういう人は典型的な原因他人論者であるといいます。


世の中すべてが敵に見えてしまう、
だから他人の欠点を見抜く力は物凄い。

欠点ではないのに欠点として持ち上げてしまうのが
この人の得意技。



僕らにできることは「割り切ること」

修行するためにこの人と出会ったのだと割り切ること。


この世には必要なものしか存在しないのだと思いました。







「私たちはすべてのことから学べる。
 悪からも善からも、実からも虚からもおそらく学べる。
 狭い見方が敵なのであろう。」

                     by曽野綾子



考え方次第で
敵にも味方にも善にもにもなる。

自分がなりたいものになれるなんて
ありがたいことです。



【一文字名言に転換】




「将来笑う方法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「笑いごとではない。あなたはどうだろうか?

 大切なのは他人の過去を笑うことではなく、

 あなたが将来笑うことだ。」


                                                     by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『今から3、40年前の就職ランキングでは
 上位20社には今は存在しない会社が半分近くもある。

 当時の学校秀才たちは、
 周囲の期待に応えるために真剣にそれらの会社を目指していた。

 歴史的事実をきちんと直視したほうがいい』
と。







当時この会社に入れば「一生安泰」という文字通り幻想に
見事に捕われていました。


それが40年後の今、当時輝いていた会社は消え去った。

これが事実。


僕らは他人の過去を笑っている場合でなく
「自分が将来笑っていられるか」を真剣に考えなければ
ならない。

ここ40年ではたまたま半分残ったが
これから先40年はもっと入れ替わりが激しいかもしれない。






「自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ。」

               byカール・マルクス



結局、未来を予測することは不可能。

自ら選んだ道、
好きで選んだ道を選択することが一番ではないかと
思います。



振り回されるも人生。
我が道を行くも人生。

泣くて過ごすも人生。
って過ごすも人生。

同じ時間です。






【一文字名言に転換】



「あの日」

 
千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『ki du ki』より。


「人生どんなことがあっても
 
 腐らなければきっといいことがある」





「3.11」

あの日から早一年。


TVでは大々的に特集が組まれ、
あの日を振り返っています。


あの日を忘れてはいけない!と
言わんばかりに特集が組まれるのはどんなものかと…



「ちょうど一年経ったから・・・」


被災者に向けて発信しているようには到底思えません。

結局「TV」というのはその他大勢を惹きつけるためのものでしかありません。

被災者にとっては一日も一年も
変わらず心に刻まれています。



ただどんな状況でも
「腐らなければきっといいことがある」
と千田さんは言います。


それはすべてに言えること。


家族や友達を失った悲しみは
失った本人にしかわかりません。


けれど腐らなければ、生きていれば、
きっと今日を迎えられてよかった思える日が来るはず。



気づいたのは
今を嘆くことも希望の光に向っていくのも
同じ一年だったということ。



生きることは決断です。






追伸

「あの日、私は命を与えられたんです…」

                3.11の被災者より。




今ある現実はあくまでも自分が感じたこと。

実際起こっている事は、
自分の考え方、価値観、記憶、感情、を通して
自分が感じたこと。


人と違うのは当り前です。


そんな中で自分はどう捉えるのか?

人生の幸、不幸を決められるのも自分です。




本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ