FC2ブログ

千田琢哉名言その3552

  2021年05月19日16時58分30秒0002_R

忙しいというのは、
何かが間違っている。

・時間配分が間違っている。
・工程が間違っている。
・勝てない分野にいる。
・儲からない分野にいる。

いずれにしても、忙しいということは、
要領が悪いのである。

「ラクして儲ける」というのは、
最高のお手本。

千田琢哉名言その3516

  2021年04月08日15時13分26秒0007_R
多い。

同じ環境ということは、
同じ属性の人間であることが多い。

趣味、思考、モーションまで
似ていることが多い。

よって、同じ環境で成功している人の真似は、
精度が高くなる。

反対に、同じ環境で失敗している人は、
最高の反面教師となる。

いずれにしても、同じ環境にはたくさんの学びがある。

千田琢哉名言その3513

  2021年04月08日15時13分26秒0008_R

常識から生まれるのは、
常識。

常識とは、一般人が共通に持っている、
普通の知識や思慮のことを指す。

つまり、すでに一般化された考えが
常識となる。

成功は、革新性が不可欠であることから
常識は手枷足枷となるだけである。

ゆえに、成功には非常識が必要。

千田琢哉名言その3496

  2021年03月20日08時23分03秒0006_R

成功するための道のりは、
すべて次のことに集約される。

「目標を立て、実行し、
評価し、改善すること」

まず目標がなければ何も始まらない。

何もないところから、何も生まれない。

次に、行動しなければ結果が出ない。

結果がでなければ、目標を達成する意味がない。

次に、出た結果に対して評価しなければ、
改善につながらない。

改善点が見つかっても、次に活かせなければ意味がない。

千田琢哉名言その3495

  2021年03月20日08時23分03秒0005_R
勝つ方法を考えるのだ。


世の9割の人が、
配られたカードの文句を言ってしまう。

なぜなら、他人のカードは
自分には見えないから。

自分には自分のカードが見えているが、
他人のカードは見えない。

それゆえに、「あの人はすばらしいカードを持っている」
「自分はこんなカードしかない」と思ってしまう。

天はカードを平等には配らないが、
どんなカードでも勝てる可能性はある。

どうか勝つかがポイント。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: