FC2ブログ

千田琢哉名言その3496

  2021年03月20日08時23分03秒0006_R

成功するための道のりは、
すべて次のことに集約される。

「目標を立て、実行し、
評価し、改善すること」

まず目標がなければ何も始まらない。

何もないところから、何も生まれない。

次に、行動しなければ結果が出ない。

結果がでなければ、目標を達成する意味がない。

次に、出た結果に対して評価しなければ、
改善につながらない。

改善点が見つかっても、次に活かせなければ意味がない。

千田琢哉名言その3495

  2021年03月20日08時23分03秒0005_R
勝つ方法を考えるのだ。


世の9割の人が、
配られたカードの文句を言ってしまう。

なぜなら、他人のカードは
自分には見えないから。

自分には自分のカードが見えているが、
他人のカードは見えない。

それゆえに、「あの人はすばらしいカードを持っている」
「自分はこんなカードしかない」と思ってしまう。

天はカードを平等には配らないが、
どんなカードでも勝てる可能性はある。

どうか勝つかがポイント。

千田琢哉名言その3484

  2021年02月27日21時23分33秒0011_R

前例がないということは、
「やり方」がわからないということ。

したがって、「できない」となるのが普通。

しかし、「やり方」を知らなくても、
進むべき方向がわかっていれば、
「できる」

海の物とも山の物ともわからないものが、
思いによって形象化されていくのだ。

「蛮勇」と「当たって砕けろ」の差は、
粘り強さと根拠のない自信と冷めることのない情熱にある。

世の中には、前例がないからワクワクする人と
興醒めしてしまう人がいる。

千田琢哉名言その3451

  2021年02月04日07時31分26秒0003_R
淡々と咲き続けること。
戦略とは、「向かうべき方向」

目標のために何をするのか?どう行動すれば成果が出るのか?
といったシナリオのこと。

戦術とは、「取るべき手段」

その戦略のために何をするのか?どうすれば実行できるのか?
といったオペレートのこと。

成功するためには、戦略を練り、どんな戦術を実行していくかに
かかっている。

ピンときた場所で、「どう勝つか」を考えていく。

千田琢哉名言その3443

  2021年01月27日07時34分04秒0005_R
「童心」の何がいいのか?

興味津々で好奇心旺盛だから。

思ったら即行動できるから。

熱中できるから。

「できない」「不可能」がないから。

「どうなるのか?」といった研究心があるから。

本能的に動けるから。

抽象的に考えられるから。

具体的に動けるから。

「先入観」「思い込み」がないから。

ここにあげたものはすべて、
成功するための要因に酷似している。

否、成功法則そのもの。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ