FC2ブログ

千田琢哉名言その3129

  私のお年寄りの定義は、
2020年03月15日09時59分12秒0006_R



私は決して拒絶しないし、決して反対しない。
忘れてしまうことは時々ある。
ベンジャミン・ディズレーリ


私は決して拒絶しないし、決して反対しない。

→すぐに反対してしまう人は、
自分の「短所」を認めたくないとき、他人にその「短所」を押し付けてしまうという
心理がある。

忘れてしまうことは時々ある。
→嫌なことが頭を離れない人は、
二度と同じ目に遭わないように、脳が意図的に記憶にとどめ、
対処しているからです。

「反対しないから、反対しないでね」を相手に押し付け、
心を安定させる。

反対されるという状況をつくらないために、
記憶にとどめておく。


千田琢哉名言その3126

  2020年03月15日09時59分12秒0004_R


相手の言葉のウラにあるもの

石原加受子著、『正論で争いを仕掛けてくる 相手の言葉なんて真に受けるな!』

SNSによって、どんな人でも意見することができる世の中になりました。

実のところ、相手の言葉のウラには、ある目的が潜んでいます。

それが、「無意識の目的」です。

無意識の目的とは、
「自覚できていない自分にとって都合のいいもの」を指します。

例えば、「容姿」のことでバカにされたとします。

普通なら仕返しを考えますが、もしここで仕返ししたら、
自分も同じ人間だとみなされるので、我慢します。

しかし、この気持ちを抑圧すると、無意識のうちに、
相手に反論したり、冷たい態度を取ったりと、
相手を攻撃してしまうのです。

これが、「無意識の目的」です。

このことから、人は、抑圧したものを投影してしまう性質があるのです。

千田琢哉名言その3117

  2020年03月03日20時26分31秒0005_R


褒めても叱ってもいけない

アドラー心理学では、「承認欲求」を真っ向から否定しています。

理由は、褒めたり、叱ったりという行為は、「他者への課題に土足で踏み込むこと」だからです。

例えば、「子どもが勉強しなくて困っている」という親がいたとします。

この場合、勉強するのは「子どもの課題」であって、「親の課題」ではありません。

そこに親が「勉強しなさい!」と、子どもの課題に土足で踏み入れると、子どもは逆にしなくなります。

なぜなら、親の「勉強しなさい!」は、「子どもの将来が不安」という「自己の心配を満たすために解消する行為」だからです。

この欺瞞が子どもに伝わり、子どもは逆に勉強しなくなるのです。

「承認欲求を満たす」ことは、あくまで自分自身であり、他人に向けるものではないのです。

千田琢哉名言その3107

  2020年02月23日18時57分58秒0005_R


依存心はつらい

加藤諦三著、『心が強い人 少し弱い人』

ストレスを強く感じてしまう人は、
「虚栄心」が強い傾向にあります。

虚栄心とは、「現実を認められない心」のことです。

「もっと人から認められたい」と思うと、
現実を受け入れるのが困難になるのです。

著者は、この虚栄心を抑える方法として、
「自立心を養うこと」をあげます。

実のところ、虚栄心の核には「依存心」があります。

「もっと人から認められたい」とは、裏を返すと、「依存」であり、
「依存しなければ自分は幸せになれない」と思い込んでいるのです。

「依存」から自立することで虚栄心はなくなります。

千田琢哉名言その3056

  2020年01月03日08時36分57秒0002_R
しておこう。


空白恐怖症

小学館の国語辞典「大辞泉」の編集部が発表した、2018年の新語大賞に選ばれた言葉。

空白恐怖症
① スケジュール帳に空白が多く、予定が記入されていない状態に不安を感じること。そういう気持ちになることを病気の症状になぞらえた言葉。
② 漫画やイラストで、細部まできわめて緻密に描き込むことの多い作家の画風を、病状になぞらえた言葉。普通、スクリーントーンやグラフィックソフトなどを用いない手描きの絵について言う。
引用 コトバンク

空白恐怖症の人は、自分の予定がびっしり埋まっていないと、不安や恐怖を感じてしまうといいます。

つまり、目的が「仕事をこなす」ためではなく、自分の「不安や恐怖を埋める」ためなので、負の遺産にしかなりません。

お金持ちは、こういった「匂い」に敏感であると窺えます。

このことから、目的を履き違えると、結果は180度変わってしまうのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ