FC2ブログ

千田琢哉名言その3383

  2020年11月20日18時08分35秒0012_R


理想の内側を旅しながら、
その外側(=現実)に立ち続けることなど、
あなたには到底なし得ないことなのだ。
ジェームズ・アレン

→どんなことでも理想を見ることからはじまる。

しかし、その理想の行方は、現実であり
現実を見ない限り、理想はやってこない。

やるべきことは、理想を俯瞰しながら、
現実を見ていくこと。

現実を見ることで、
今、何をすべきかがわかる。

千田琢哉名言その3274

  2020年08月10日08時34分06秒0003_R
人とは苦しんでいること、
向いていないことをやっていることで、
自分が頑張っていると勘違いする生き物だからである。



いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。
目標に関してそうする人は少ない。
ニーチェ

→目標は論理的に考えるので、
闇雲でなくなる。

しかし、頑張ることを目標にしていると、
闇雲が中心となるので、自分の頑張りが成果となる。

文字通り、自分の頑張りでは、
自己満足となる。

目標はあくまで数字なので、
どれだけ頑張ろうと、どれだけ闇雲になろうと、
成果を出さなければ、成果と呼べない。

「自分は頑張っている」と思った時は、危険。

千田琢哉名言その3239

  2020年06月28日20時44分02秒0010_R


喜びは成果の中になければならない。
石臼に向かいながらも丘の上を見なければならない。
ドラッカー

→努力に関係なく、成果を出してこそ意味がある。

「自助努力が必要」というより、
「成果を出すための戦略が必要」。

ただひたすら頑張るのではなく、
成果が出るように頑張る。

遠回りの成果より、
近道の成果の方が尊い。

時短で成果を出せる知恵を絞る。

千田琢哉名言その3112

  2020年02月23日18時57分58秒0010_R
確信していた。




並外れた結果を出すのに、並外れた努力はいらない。
ただ、日々の、普通の物事を、完璧にすればいいだけだ。
―ウォーレン・バフェット


並外れた結果を出すのに、並外れた努力はいらない。

→そもそも「努力しなければならないこと」というのは、才能がない証拠である。
故に、並外れた努力をしなければならないことは、やってはいけない。

ただ、日々の、普通の物事を、完璧にすればいいだけだ。

→普通にやっていて、結果が出てしまったことを
日々、淡々と「確実に」行うことで、並外れた結果を出すことができる。

目標は、「気がついたら通過していた。」というのが、正解。

「なかなか目標達成できない」というのは、不正解。

千田琢哉名言その2881

  「陰口を言ってはいけない」
この教え自体は極めて当たり前のことだが、

2019年07月16日22時02分11秒0001_R
高い。


習慣化のコツ

スティーブン・ガイズ著
「小さな習慣」より。

習慣化のためのコツを
「目標はとにかく小さくする」
と述べています。

それも「小さければ小さいほどいい」
のです。

「三日坊主」「長続きしない」

そもそもなぜ、人は習慣化することができないのでしょうか?

それは、「自分の管理能力を過大評価してしまう」ことにあります。

管理能力を過信し、大きな目標を掲げてしまうと、
失敗した時、再起不能となってしまいます。

管理能力をわきまえ、小さな目標に設定することで、
達成のハードルも低くなり、仮に失敗してもダメージが少なくて済むのです。

脳科学的の観点でも、小さな習慣にすることで
「脳への抵抗を和らげる」メリットがあります。

小さくても何度も同じ行動を繰り返していくことで、
専用の神経回路が構築され、強化されていくのです。

「小さな習慣」にすることが、習慣化できる近道だったのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ