FC2ブログ

千田琢哉名言その2860

  2019年06月20日08時11分50秒0004_R
紙一重である。


アンチマーケティング

話題になっているモノや知名度のある他人を批判することで
大衆の興味を引き、自分の知名度を上げ、
自分を信じてもらおうというマーティング手法。

誰かが出してきたアイデアや主張に対して、
矛盾点や欠点を批判する事で
自分の意見を正当化させます。

人は10のポジティブより
1のネガティブ(批判)のほうが信じやすいので、
この手法が成り立つのです。

例えば、Aさんに好印象を持っていても、
Bさんが「Aさんは○○な人だ」と悪評を流すと、
「Aさんってよくない」というイメージがつくられます。

白い紙に黒い点が目立つように、
好印象だけに、悪評が目立ってしまうのです。

千田琢哉名言その2803

  2019年04月26日20時53分37秒0001_R
センスは格段に向上する。


STP

マーケティングの全体像を把握するための分析法。

S…Segmentation→市場の捉え方を決め、細分化する
T…Targeting→狙うべき標的を定める
P…Positioning→他社との差別化を図り、自社の位置取りを考える

まずは、市場や顧客情報の分析をします。

次に市場構造を把握するために、顧客やニーズの観点から細分化します。

そして、自社がマーケティングの標的とする領域を絞り込みます。

最後に、競合他社と差別化できる自社の位置取りを考えます。

千田琢哉名言その2756

  2019年02月13日07時19分58秒0009_R



コ・マーケティング

別名、共生マーケティング。

企業と企業、企業と消費者、国と国、人間と自然など、自他共に生きることを前提として生まれたマーケティング用語。

利益よりも信頼を優先するマーケティング。

マーケティングというと、
「4P」
Product(製品)
Price(価格)
Place(場所)
Promotion(販売促進)という
企業本位の考え方が基本です。

コ・マーケティングは、
Commodity(ラテン語では「共に幸せになる」)という
「C」を付け加えます。

つまり、自他共に幸せになる新しい思想のことです。

「共に咲くことで、見れる花もある」
といえます。

千田琢哉名言その2731

  2019年01月26日14時02分33秒0014_R
である。


マーケティング戦略

自社がどのような価値を、誰に提供し、それをどう実行するのかを
策定する戦略のこと。

市場、顧客の分析を行い、ターゲットを探り出し、
どうアプローチするのかを考えること。

「勝てそうな分野」=自社の強み、競争優位性

「徹底的に勝つ」=リサーチ、ターゲッティングなどの分析

つまり、自分の得意分野を探し、そこで勝てる環境をつくることが
「勝つための戦略」となります。

千田琢哉名言その2711

  2019年01月17日20時58分47秒0004_R
愚の骨頂。



顕在顧客と潜在顧客

顕在顧客とは、買う見込みのある顧客。

「商品やサービスを購入する予定がある」
「商品やサービスに興味がある」と目に見えるので、
顕在顧客と呼ぶ。

潜在顧客とは、ニーズに気づいていない顧客。
「ニーズを自覚していない」「ニーズを自覚しているが、商品やサービスを知らない」
と目に見えないので、潜在顧客と呼ぶ。

マーケティングセールスにおいて、狙うべきは後者の
「潜在顧客」です。

「ニーズを自覚していない顧客」の理由を突き留め、
「ニーズを自覚してくれる顧客」へと変化させることで、
潜在需要を獲得することができます。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ