FC2ブログ

千田琢哉名言その2990

  2019年10月16日21時01分42秒0017_R


比較するのであれば…

「どうしても他人と比較してしまう」
という人におすすめなのは、

「上方比較」です。

「上方比較」とは、自分より優れた人と比較をすることです。

できる人やトップランナーなど、
自分よりレベルの高い人と比べ、
「もっとがんばるぞ」と前向きな比較の仕方をします。

反対に「下方比較」というものがあります。

「下方比較」とは、自分より劣る人と比較することです。

仕事ができない人や、ダメ人間と比較することです。

自分よりレベルの低い人と比べ、
「俺の方が上」と低いレベルで満足する比較の仕方です。

上方比較は、現状に満足せず成長するのに対して、
下方比較は、現状に満足してしまい、成長しません。

どちらがいいのかは、
火を見るよりも明らかです。

千田琢哉名言その2981

  2019年10月16日21時01分42秒0008_R


23年間黒字経営、10年以上離職者はほぼゼロ

近藤宜之著、
「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」

著者曰く、黒字経営の極意は
「社員のモチベーションが10割」と言います。

なぜなら、人を大切にする経営の実践こそが
会社を再建・成長させるたった1つの方法だからです。

株式会社レーザーでは、「社長自らのさりげない会話」や
「個に対するコミュニケーション」を重視しており、
これにより、社員は承認欲求が満たされ、
モチベーションが高くなります。

さらに、女性社員が出産で退職した例がなく、
育児休暇後に全員が復帰するといいます。

男女問わず、公平な評価基準が設けられており、
人事評価制度も可視化され、公平に評価しているのです。

千田琢哉名言その2954

  2019年09月19日21時32分28秒0006_R


内的統制・外的統制


心理学者ロッターが提起した
ローカス・オブ・コントロールという概念。

仕事で成功した時、失敗した時に
その要因が自分の内側と外側、
どちらに求めるかという心理。

成功や失敗を自分の内的要因に帰属させる人を
「内的統制」と呼び、

成功や失敗を自分の外的要因に帰属させる人を
「外的統制」と呼びます。

内側と外側、どちらに原因帰属させるかによって、
モチベーションが変わってくるといいます。

千田琢哉名言その2948

  2019年09月12日06時50分00秒0010_R


ホーソン効果

ホーソン効果とは、
「他人から注目されると、相手の期待に応えたい」
という心理効果を指します。

「ホーソン効果」は、
アメリカのウェスタン・エレクトリック社、
ホーソン工場で行われた実験で明らかとなったので、
この名がつきました。

労働生産性は、環境や条件よりも、
「注目されているという意識」によって
向上するというものです。

他人の注目を浴びることで、
「よく見られたい」「期待に応えたい」などの気持ちから
モチベーションが上がり、行動に繋がるのです。


千田琢哉名言その2931

  2019年08月22日08時03分25秒0013_R
みなぎってくる。
自信がみなぎってくると、
人生にやる気が満ちてくる。




“拒絶するのに多くの言葉を費やす必要はない。
相手はただ否という一言を聞けばよいのだから。”


ゲーテの名言。

嫌なことを断らないと、自分に嫌われます。

なぜなら、自己嫌悪に陥るからです。

「自己嫌悪=断れない自分」が、さらに嫌いになります。

自分が嫌いになると、臆病になります。

反対に、
嫌なことを断ると、自分に好かれます。

なぜなら、自分のために断ってくれる自分が
さらに好きになるからです。

自分が好きになると、自信がみなぎり、
やる気が溢れてきます。

自分を味方にすることで、
人生を味方にすることができます。

たった一言で、
人生が大きく変わってしまうのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ