FC2ブログ

千田琢哉名言その3414

  2020年12月26日08時19分37秒0007_R
使い方だ。


人は「見るもの」によって、
結果が変わってくる。

なぜなら、自分の出した成果の
スケール、場所、量、質は
すべて、「見てきたもの」から生まれているから。

つまり、今見ているものが、
未来の自分をつくることになる。

ゆえに、未来を変えたければ、
見るものを変える必要がある。

現実が変わらないという人は、
現実が心地いいのである。

千田琢哉名言その3413

  2020年12月26日08時19分37秒0006_R


善悪は自分以外の誰かのために存在する。

自分の中の善悪もまた、誰かに植え付けられたもの。

ということは、
善悪の基準は気にする必要がない。

反対に気にする必要があるものは、
「好悪」。

好悪はもともと備え付けられたものだから、
素直に従う必要がある。

もっと言えば、
好悪に従いながら、自分の中で善悪を決めていく。

好悪に従った善悪というルールに、
成功のヒントがある。

千田琢哉名言その3296

  2020年08月26日07時23分45秒0009_R


私は流行をつくっているのではない。
スタイルをつくっているの。
ココ・シャネル

→流行りは「台風」のようなもの。

一過性なので、最大瞬間風速で終わる。

時流は「恒星の軌道」のようなもの。

常に同じスピードで、常に同じ軌道をたどる。

「時流を掴む」には、「変わらないもの」に
「自流」で変化する。

微風をいかに吹かせ続けられるか?

千田琢哉名言その3291

  2020年08月26日07時23分45秒0004_R


感覚は、何かがあることを教えてくれる。
それはその物が何であるのかは伝えないし、
その物にまつわる他のことを伝えてもくれない。
ただ何かがあることのみを知らせるのである。
ユング

→感覚で捉えられることは、
実は、「何か」が何かわかっている。

「○○さんの考えはしっくりくる」

理屈はどうあれ、
しっくりくるということは、何かがわかっているから、
しっくりくる。

反対に、

「どうも○○は理解できない」

といった、理屈があるにも関わらず、理解できないことがある。

それらは、感覚的に理解できていないもの。

しっくりくるものは、理解できている証拠。

千田琢哉名言その3241

  2020年07月08日21時03分51秒0002_R


命が命を生む。
エネルギーがエネルギーを生む。
人が豊かになるのは、自分自身を投じることによってである。
サラ・ベルナール

→人生を豊かにしたければ、
自分がやりたいことに、自分自身を投じる必要がある。

人生を安心させたければ、
自分が安心できることに、自分自身を投じる必要がある。

人生をエキサイティングにしたければ、
自分自身がエキサイトできることに、自分自身を投じる必要がある。

人生という時間を、何に投じるかによって、
エネルギーを、何に投じるかによって、
結果(対象)が変わる。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: