「年の功より亀」

  001_convert_20111009065157.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『「その他大勢のダメ社員」にならないために
20代で知っておきたい100の言葉』
より。


「カメはゴールを意識していたから

 ウサギを追い越してからもひたすら

 ゴールを目指して歩き続けた」



千田さん曰く、
『あなたがどこにターゲットを絞るかで
 人生が大きく変わっていく。

 ウサギとカメの話で
 ウサギはカメより速いのに
 カメに負けてしまう。

 それはウサギはカメを意識していたから
 油断して負けてしまった。

 カメはゴールを意識していたから
 ひたすらゴールを目指した。
 
 あなたは何を目指して歩いているのか?』
と。

どこに意識するかで
結果が180度変わってしまいます。

目先の成果を意識するのか?
未来を意識するのか?

そこが人生の分かれ道。

千田さんは言います。
「ライバルは自分自身」と。

自分自身がライバルで
周りはただの風景。

人生とは孤独のレースで
ふと気付いた時に周りの景色が変わっていた…

そうかもしれません。


追伸
「ウサギとカメの話」が大人になっても
こんなに深いとは思いませんでした。

「人生一生勉強」
「どんな小さいことでも学ぶものがある」
とよく言いますが、
正にその通りだと思います。

むしろ
そこから学ぶべきものに気づけるかどうかだと思います。

「運は動き」

  001_convert_20111006201744.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『「その他大勢のダメ社員」にならないために
20代で知っておきたい100の言葉』
より。

『「運がいい」と「運が悪い」

と言う言葉があるわけではない

「運がいい」と「実力不足」があるだけだ』



千田さん曰く
『「運が悪いのは実力不足」

 うまくいった時は「運」のおかげと思っていいかもしれないが
 うまくいかなかった時「運」のせいにしてはいけない
 
 「運」に期待しない人だけが、「運」に味方される。』
と。

「運」と聞くと
人の力ではどうしようもない
神懸かりのような偶然のもののような
気がします。

けれど「運」とは実力次第で伴ってきます。

むしろ実力の上に乗っかってくるものなので
動きのあるところにしか発生しません。

「あの人は運がいいねぇ…」
なんて指をくわえて待っている人に
間違いなく「運」は巡ってきません。



追伸
となると
「運の良し悪し」も自分で選択する事ができる
と言うことです。

何か失敗した時
「運が悪かった」なんて
運のせいにできなくなります。

「運が悪かった」と言う言葉。

なんか「無敵のいいわけ」に聞こえますが
これからの時代そんないいわけ
一切通用しなくなるのでは
ないかと思います。

「たいしたことはない」

  001_convert_20111005193321.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『「その他大勢のダメ社員」にならないために
20代で知っておきたい100の言葉』
より。

「会社の看板を外して

 そのままやっていける人は1%もいない

 看板に感謝しながらも

 もたれかからないこと」


千田さん曰く、
『自分の本当の実力を知りたかったら
 今すぐ会社を辞めて
 フリーランサーになること。

 けれどブランド企業の人ほど
 元OO会社のブランドに頼ってしまう。

 会社に感謝しながらフリーランサーの意識で
 仕事をすること。』
と。

誰もが納得してしまうと同時に
誰もが自分を省みる言葉です。

どんな会社でも「偉そうな人」は
存在します。

けれどその偉そうな人も生身の人間。

ただ「権限」を「権力」と勘違いしている人です。

会社の看板があっての与えられた権限だし
会社との関係は持ちつ持たれつの関係です。

フリーでやれる実力がなければ
謙虚に徹し会社に感謝しなければなりません。

そして会社に依存し過ぎはいけないと
千田さんは言います。

正に「着かず離れず」の距離です。


追伸

本当に偉い人だったら
「偉いふり」なんてしません。

そもそも「偉い」なんて言葉自体
無くていい。

「偉さ」とは何?
漠然とし過ぎてわかりません。

少なからず自分で認めることではなく
周りが認めてくれることです。

「気づくのだ」

  001_convert_20111004212424.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『「その他大勢のダメ社員」にならないために
20代で知っておきたい100の言葉』
より。

「当り前のことにたして

 当り前でないことに気づいて
 
 感謝することがその人の知性である」


千田さん曰く、
『毎日、食事ができたり、夫婦喧嘩ができるのは
 当たり前ではない。

 「当り前」なことに感謝できたとき
 その人の発想力は高まる。
 
 身近な日常に発想力を磨くヒントが
 存在する。」
と。



「当たり前のことは当たり前」ではない。

僕らはその「当たり前でない」ことに
なかなか気づけません。

今の生活、今の仕事、この日本という環境、
そして地球、みんな奇跡の上に成り立ってます。

何か一つの歯車が抜けていたら
僕らは今の生活はおろか
存在すらしていないかもしれません。

「当たり前は有り難いこと」なのです。

「有」ることが「難」しいで
「有り難い」

そしてその有り難いことに
感謝しなければなりません。

「感謝」するから「有り難み」がわかり
「有り難み」がわかるから「感謝」できます。

この世で本当に価値のあるものは
当り前すぎるほど当り前のことなのかも知れません。

「納得の生き物である」

  001_convert_20111003163524.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『「その他大勢のダメ社員」にならないために
20代で知っておきたい100の言葉』
より。

「説得されて嬉しい人はいない

 自分で納得したと思いたいのが人間だ

 説得ではなく納得してもらおう」


千田さん曰く、
『理詰めで説得しようとする人は
 永遠に人がついてこない。

 ロジカルシンキングでまくしたてると
 二度と会ってくれないだろう
 
 あなたの努力の方向が間違っている』
と。

「人は感情の生き物」
自分で納得してする事
相手から説得されてする事
する事は同じですが
気持ちの入り方が全然違います。

その結果が変わるのは言うまでもありません。

例えば相手の間違いを指摘した時、
どんな完璧な正論でも
言葉が悪ければ相手は納得しません。

自分が納得した上で初めて
聞いてくれるようになります。

100%自分に非があっても
自分自身納得できなければ
気が済まないのです。


人の感情は「野生的な部分」
人の理性は「人間的な部分」
瞬間的に反応してしまうのは
「野生的な部分」つまり感情です。

機械的に接したり、処理されては
人は嫌がるのです。

追伸
逆に言うと最終的に納得してもらえれば
どんな手段でも有りなのかと思います。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ