FC2ブログ

千田琢哉名言その2769

  2019年03月09日17時27分57秒0012_R



“人間は、いつも完璧でいることは不可能だ。”

羽生善治氏の名言。

「永世七冠」を達成した、最強将棋将士。

永世称号を与えられる条件として、
「5連覇」「連算10期」など、
7つのタイトルを獲得する必要があります。

その条件のハードルは極めて高いものばかりで、
前人未踏とまで言われています。

ルールやテクニックは、すべてに通用するわけではありません。

あくまで、「フレーム」であり、答えではないのです。

その場、その状況によって、変化していくものと言えます。

千田琢哉名言その2765

  2019年03月09日17時27分57秒0008_R
からである。



“今日、一日の区切りで生きよ”

自己啓発のパイオニア、デール・カーネギーの著者、
「道は開ける」より。

私たちは、
「無限のかなたから続いている過去」と
「すでに刻まれた時の末端に突き刺さっているに等しい未来」という
境目に生きています。

この「過去」と「未来」は、
両立することはできないといいます。

なぜなら、両立しようとしたら、
共に破滅してしまうからです。

過去や未来という執着を手放し、
今日という一日に集中することで、道は拓けるのです。

千田琢哉名言その2757

  2019年02月13日07時19分58秒0010_R
宇宙の広さを突き抜ける。



“この世で重要なことのほとんどは、
まったく希望がないように見えた時でも
挑戦し続けた人々によって
成し遂げられてきた”


デール・カーネギーの名言。

人間関係の先覚者。

自己啓発の源流とも言われる「人を動かす」著者。

「継続」とは、無いに等しいものでも
宇宙レベルに昇華させるものです。

誰もが希望を失うような時代、状況、環境において、
継続することで、突き抜ける力があります。

ゼロでなければ、継続次第で、
宇宙レベルに達します。


千田琢哉名言その2742

  2019年02月18日07時09分08秒0001_R
が速くなる。


善し悪しの判断を下す

マーシャル・ゴールドスミス著、『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』。

エグゼクティブ・コーチングの第一人者である、マーシャル・ゴールドスミスは、
ビジネスで成功するには、「悪い癖を直すこと」と説きます。

「あなたをトップの座から遠ざける20の悪癖」として、
「善し悪しの判断を下す」という「癖」があります。

善し悪しの判断をすると、途端に行動力が下がります。

行動力が下がると挑戦しなくなるので、
それに比例して、成功が遠退きます。

「やらなくていい理由」を言いたくなるのが人間ですが、
この癖に、いち早く気がつきたいものです。

千田琢哉名言その2736

  2019年02月11日07時28分57秒0002_R



“成功者はどんな結果が出ても、「失敗した」とは思わない。
そもそも失敗したという概念が存在することを認めていない。”

世界ナンバーワンカリスマコーチ、アンソニー・ロビンズ氏の名言。

フォーブス誌、「セレブ100」に選ばれる、自己啓発講師。

成功するには、失敗は「付き物」です。

成功者は、その失敗を「失敗」と捉えるのではなく、
「うまくいかなかった方法」と捉えます。

「失敗した…」と捉えると、思考はその場でストップします。

「うまくいかなかった方法」と捉えると、
「どうしたらうまくいくか?」という思考になります。

成功者は「この連続」なので、勢いが途絶えることなく、
成功に導かれます。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ