FC2ブログ

千田琢哉名言その2947

  2019年09月12日06時50分00秒0009_R


伝説のカリスマが実践していた”構想術”

Apple創業者として有名ですが、
彼はプレゼンテーション技術でも、
他を圧倒していました。

ジョブズのプレゼンは、
ひとつの「ショー」とも言われ、
聴衆を魅了します。

説明に使うキャッチフレーズを書いたり、
スライドを作ったり、デモの練習をしたり、
照明の当て方まで気を配ります。

この「ショー」の土台となっているのが「構想」です。

ジョブズの構想の仕方は、極めてアナログです。

一般的にプレゼンを構想する場合、
プレゼンテーションソフトを使います。

スティーブ・ジョブズは「紙とペン」という、
昔ながらの方法を使っていました。

手書きで構想することが、
魅力的なストーリーを描くヒントだったのです。

千田琢哉名言その2945

  2019年09月12日06時50分00秒0007_R


ブレーンストーミング

A.オズボーンが考案した、
柔軟にアイデアを発想する方法。

ブレーンストーミングには、4つのルールが存在します。

①批判厳禁
出されたアイデアを評価したり、批判したりしない。

②自由奔放
奇抜なアイデア、突拍子もないアイデアを受け入れることで、
発想が柔軟になる。

③質より量
室ではなく量に転化することで、発想の枠を乗り越え、
斬新なアイデアが発想できる

④便乗歓迎
他者のアイデア、既存のアイデアに便乗することで、
連想ゲームのように発想が広がる。

出されたアイデアは、取捨選択し
ブラッシュアップすることで、洗練されていきます。



千田琢哉名言その2847

  2019年06月10日21時04分06秒0003_R


アイデア発想法

熟考していても、斬新なアイデアやひらめきは生まれません。
アイデアを生み出すには、「型」があります。

その「型」とは、次の3つです。

①情報や知識をインプットする
②物事の視点を変えてみる・ズラしてみる
③熟考した後に、リラックスする

発想は、知識と知識が有機的に結びついてひらめくことで生まれます。
まずは、情報や知識をインプットします。

次に、いつもと違う視点や考え方で物事を見てみます。
先入観、固定概念を外して物事を見ることで、新しい発想ができるのです。

ひらめきが起こるのは、リラックス状態にある時です。

リラックスすることで、無意識に語りかけることができ、
アイデアが生まれます。

千田琢哉名言その2807

  2019年04月26日20時53分37秒0006_R


類推と推測の違い


類推とは、
物事の類似点から、他の物事がどんなものか推し量ること。

推測とは、
ある事柄を起点として、他の物事がどんなものか推し量ること。

どちらも「起点」を基準に物事を推し量りますが、
分類してから物事を推し量った方が効率的です。

推測の場合、分解されていない起点から推し量るので、
1つの側面の答えになりやすいです。

類推の場合、分解されてからの起点で推し量るので、
答えは何通りも出てきます。

問題が複数出てきた場合、類推の方が対処しやすくなります。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ