FC2ブログ

千田琢哉名言その3453

  2021年02月04日07時31分26秒0005_R
何かを習得したければ、
先に習得の仕方を習得する方が、
断然効率がいい。

なぜなら、習得の仕方という「型」があれば、
何も考えずとも、型通りに進めればできるようになるから。

例えば、「うまい文章が書きたい」のであれば、
いきなり文章を書くのではなく、

テンプレート通りに書き出していけば、
スムーズに書くことができる。

・お金を稼ぐ型

・倍速で仕事する型

・人間関係を良好にする型

など、成功する型を知れば知るほど、
ショートカットできるようになる。

人間が創り出したものは、
「型」に当てはめたものばかり。

千田琢哉名言その3352

  2020年10月25日07時31分35秒0007_R


反対論がない場合には結論を出してはならない。
勇気と勉強が不足していると反対論が出ないからだ。
ピーター・ドラッカー

→勉強とは、新しい知識との出逢い。

それは、新しい反論であり、
未知との遭遇。

人類の発展は、まさに未知との遭遇であり、
未知との遭遇から、人は知恵を絞り、
生き残ってきた。

それらを踏まえると、
勉強とは常に未知との遭遇。

未知に出会えなければ、
それは勉強ではなく、
ただの消耗に過ぎない。

千田琢哉名言その3277

  2020年08月10日08時34分06秒0006_R


仕事と行動は頭脳を強くするが、
過度の勉強は頭脳を弱くする。
ボーン

→「過度の勉強」とは、
やらされる勉強のことを指す。

強制される勉強は、ただの苦行でしかなく、
得るものはない。

自分の好きな勉強は、ただの遊行でしかなく、
得るものしかない。

やるべきことを知ることよりも、
やってはいけないことを知ることは重要。

大きな時間短縮になるから。

ゆでガエルになる前に気づくことができる。

千田琢哉名言その3065

  2020年01月16日08時17分53秒0001_R


ツァイガルニック効果

ツァイガルニック効果とは、
ドイツのゲシュタルト心理学者、クルト・レヴィンと
旧ソビエト連邦の心理学者ブルーマ・ツァイガルニクによって提唱された心理現象を指します。

これは、完結できなかった物事や中途半端で中断してしまった物事に対して、
すっきりすることができず、もやもやとしてしまい、かえって強い記憶や印象を持ってしまうという心理。

人間は、達成できたことより、達成できなかった事柄や
中断している事柄のほうに、強く印象が残るといいます。

この心理を踏まえると、
勉強は、キリの良いところで終わらせるのではなく、
中途半端なところで終わらせることがコツです。

中途半端であれば、続きが気になり、
また勉強してしまうからです。

千田琢哉名言その3057

  2020年01月03日08時36分57秒0005_R
を上げてくれるのだ。


暗記したければ、

アンダース・ハンセン著、「BRAIN一流の頭脳」

本書は、「運動」が頭をよくする要素と解説しています。

実のところ、運動は海馬の萎縮を抑え、遺伝子の老化まで食い止めるといいます。

「同年代」&「記憶力テストで成績のない被験者」たちを集め、
フィットネスバイクを使った実験で比較します。

A.定期的にフィットネスバイクをこいだグループ

B.何もしなかったグループ

6週間後に行われた記憶力テストで、AのグループとBのグループでは、
大きな差があらわれたと言います。

さらに、その期間が長くなるにつれ、さらに差は大きくなり、
「Bグループは変化が見られなかった」という結果になりました。

このことから、運動は「暗記」に効果的ということが窺えます。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ