FC2ブログ

千田琢哉名言その3044

  2019年12月01日19時19分26秒_R




“今”に心を置く方法


忙しい現代人は、文字通り、
「心」を「亡」くしている状態です。

心を亡くしていく状態では、
人間関係がうまくいかなかったり、
未来のことで深く悩んでしまったりと
ネガティブなマインドに陥ります。

そんな、ネガティブマインドを払拭し、
自分を取り戻す方法として、
「マインドフルネス呼吸瞑想」があります。

これは、「呼吸瞑想」のことで、次のように行います。

まず、お腹に手を当てて普通に呼吸します。
そして、息を吸った時「膨らんだ」と心の中で唱えます。
息を吐いたら「へこんだ」と心の中で唱えます。

ここで注意したいのは、「膨らんだ」「へこんだ」と唱えることに意識を集中するのではなく、
「膨らんだ」「へこんだ」と「感じる」ことに意識を集中します。

これを意識し、呼吸することで、「膨らんだ」「へこんだ」以外の思考は、
ほとんどなくなるといいます。

もし瞑想中に「雑念」が出てきてしまったら、
この雑念を心の中で、「雑念」と唱え、一旦、棚上げし、
再び「膨らんだ」「へこんだ」を繰り返していきます。

すると、雑念が消えていくのです。

1日に10分でもいいので、
この呼吸瞑想を行うと、ネガティブな思考は消え
自分を取り戻すことができるのです。

千田琢哉名言その2729

  2019年01月26日14時02分33秒0012_R
と気づくことだ。


断捨離

ヨガの断業、捨業、離業から派生したもの。

断・・・これから入ってくる不要なモノを「断」つこと

捨・・・すでに持っている不要なモノを「捨」てること

離・・・モノへの執着から「離」れること

不要なモノを断ち、いらないモノを捨て、執着から離れることで、
人は幸せになれるといいます。

無料商品だからといってもらったり、
もったいないからといって取っておいたり、
大事なモノだからといって手放さなかったりすると、
人生が複雑化します。

人はいくら大事なものでも、持ちすぎていると、
精神的ゆとりがなくなり、不幸になります。

手枷足枷になっている人、モノに気づくことから
スタートします。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ