「迷ったら…」

  001_convert_20120516175013.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。


人生という名の列車の運転手はあなた、

安全だけど他人の敷いたレールを選ぶのか?

ちっぽけだけど自分の敷いたレールを選ぶのか?



千田さんは
「ちっぽけでも自分の敷いたレールがいい」
といいます。


確かに他人の敷いたレールは安全だし開拓も進んでいるかも知れません。

しかし
そこには「自由」がありません。

他人のレールである以上、一生自分のものにはなりません。


人間の最大の幸福は「自由」だといいます。

自由を選択してこそ生き甲斐を感じます。

一度きりの人生、楽しまなければ損です。



心理学者バリー・シュワルツによると

あらゆる選択肢で
「自分が欲しいものは最高のものであり、最高でないと満足できない」
と考える傾向のある人を
「マキシサイザー」といいます。

人間は常に最高のものが手に入ると信じていると
どうしても現状に満足できなくなり、やがて
客観的には不幸とは思えないような状況でも
自分は不幸だと考えてしまうそうです。


選択肢がたくさんあると「あれも、これも」と
結局、満足できないのです。


今や情報がすぐ手に入る時代。

必然的に選択肢が増える時代でもあります。

何を選択し、どう生きるか?
と自然に悩まなければならないと思います。

良くもあるし、悪くもある。


最終的に行きつく場所というのは、
ちっぽけでも自分が好きで選んだ場所です。


【ヒトコトメイゲン】


「夢をかなえる方法」

  001_convert_20120516174528.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。




現実逃避が現実になる。

「嘘が誠になる」とはこのことかも知れません。

「まさか」と思う事ほど案外、身近に起こる現象だと言います。


「現実逃避」というのは言いかえれば
「好きなことをする」ということです。

現実を忘れるほど好きなもの。

これは正真正銘の自分の「好きなこと」だと思います。


千田さんのこのリアルな表現に惹かれました。





「現実が夢を壊すことがある。
 だったら夢が現実を壊したっていいではないか?」

 
             byジョージ・ムーア




本当は「夢」も「現実」も存在せず
あるのは「今」。

今、何をしているか?

それがすべてではないかと思います。

その延長線上に出来事が存在するだけ。

「夢」は「今」です。





【ヒトコトメイゲン】



「若返りの魔法」

  001_convert_20120515202339.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。

千田さんの本のタイトルで「20代」という
言葉がよく使われています。

その「20代」というのは年齢の「20代」と
もうひとつ意味があります。

それは
「20代」とは年齢を問わず「勇気ある挑戦者」のこと指すと。

つまり
「30代」「40代」「50代」「60代」
「70代」「80代」「90代」「100代」・・・
何歳でも挑戦する人のことを千田さんは
「20代」といいます。



米国国立加齢研究所のアントニオ・テラチャーノ博士が
国勢調査をもとに、42年間追跡調査を行ったところ、

「私たちの性格は30歳を過ぎると安定して変わりにくくなる」
という研究結果になったそうです。

概して
私たちの考え方は30歳を過ぎると固執しやすいのです。

固執してしまったら成長はありません。

だからこそ
千田さんの言う、「挑戦する20代」を
心掛けなければなりません。

何歳になっても「20代」を意識するのです。
恥ずかしいなんて、もってのほか。



「100歳の挑戦者」

すばらしい響きです。




【ヒトコトメイゲン】



「切り口がキレイ」

  001_convert_20111007085115.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


「innovation(イノベーション)」

意味
物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」
「新しい活用法」を創造する行為のこと。
社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革。

千田琢哉さんの代名詞である
「イノベーションクリエイター」

「イノベーション」とはつまり
「新しい考え方」

この「新しい考え方」を受け入れられない人が
世の中わんさかといます。

そもそも今までのやり方に固執する人は
「実例、実績があるから…」
「今までそれでうまくいっていたから…」
という。

けれど「今うまくいっている」ということは
「過去のやり方の今の成功」であって
「今現時点でそれをやり、未来に成功できるか」
と言ったら疑問です…
むしろ危険ではないかと。

状況も環境も人々の動向も
刻一刻と変わっています。

現状維持した時点で衰退の一途を
辿っているかもしれません。

けれど過去の成功体験がすべて悪いわけでもありません。
事実、成功しているのだからそこから
学ぶべきものはたくさんあります。

大事なのはひと言

「温故知新」。



追伸
『個人的な割合』

「過去の体験」:「イノベーション的な考え」 
   1   :      9    


(10割は無理でしょうから、9割)


なぜならそっちの方が「おもしろそう」だから。

「書斎が欲しい」

  001_convert_20110930213025.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著(まえがき)より。

「南青山の書斎から」

いつも千田さんの本(まえがき)を読んでいて
気になっていたこの言葉。

これは読者に向けられたメッセージと
僕は勝手にとらえました。

青山と言えば
「洗練されたオシャレな街」というイメージがあります。

そこに自分の「書斎」を持つことができたら…
と思います。


何か感じるものがあったので
載せたくなりました。



追伸
千田さん曰く、
『「情報」とは
発信者の「思い」が含まれている。

同じ事実でもその発信者の捉え方次第で
変わることはある。

だから「情報」という字には
感情の「情」の文字が使われているのです。

「情」の「報告」で「情報」』
と。

その通りだと思います。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ