FC2ブログ

千田琢哉名言その3491

  2021年03月13日07時43分54秒0008_R
それらの安定を蹴って独立して
そこそこお金持ちになったエリートの成功者である。


一発屋でお金持ちになるのと、
やることをやってからのお金持ちとでは、
雲泥の差がある。

なぜなら後者は、
運を超絶した「力」を感じさせるから。

前者は運に頼ることで成功した。

後者も運を頼りながらも、実力で成し上がった。

運に頼りきったのと、運をバネにしたのとでは、
大きな違いになる。

千田琢哉名言その3458

  2021年02月10日19時45分49秒0003_R
偶然勝ったということは、
自分以外の要素で勝ったということになる。

自分以外の要素の何が悪いのか?

それは再現性がないこと。

再現性がないと、流行り、廃りに大いに影響を受ける。

よって、偶然の勝ちは、
勝ちにカウントしない方が賢明。

勝ち負けという概念と対極にあるから。

千田琢哉名言その3172

  2020年04月25日21時41分24秒0008_R


あらゆる不公平のなかに、チャンスがある。
糸井重里

→公平ということは、すでにインフラが整っている状態。
ゆえに、開拓の余地がないので、チャンスも少ない。

不公平ということは、まだインフラが整っていない状態。
ゆえに、開拓の余地がまだまだあり、チャンスが多い。

人生はかけ算だ。
どんなにチャンスがあっても、君が「ゼロ」なら、意味がない。
326

→しかし、どんなにおいしい環境でも、
自分の実力がゼロ、やる気がゼロならば、
水泡に帰す。

反対に、どんなに劣悪な環境でも、
自分の実力ややる気が、100や1000ならば、
それなりに成功できる。

「おいしい環境」×「実力・やる気」は、
スピード感が違う。

千田琢哉名言その3011

  2019年11月21日19時31分06秒0003_R


“道徳的な罪”とは

西中務著、
1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」 

著者は、運が悪くなる原因として、
「道徳的な罪」をあげています。

道徳的な罪とは、
「法律では罰せられないが、人間的にどうか?」
というものです。

違法ではないが、もらい過ぎているのにさらに欲張ったり、
違法ではないが、身勝手極まりない行動などがそれに当たります。

著者は弁護士という、法律の専門家です。

それまでは、法律さえ守っていれば「すべて良し」と考えていました。

しかしある日を境に、「これが運を悪くする原因」だと気づかされます。

法律を守っていても、道徳的な罪を犯すと、
巡り巡って自分に返ってくることがわかったのです。

千田琢哉名言その2892

  2019年07月21日08時13分53秒0006_R
気をつける。
ふて腐れなければあなたの運気は必ず上昇する。



運は先天的なものか?

運がいい人がいます。

彼らは生まれつき「運がいい人」なのでしょうか?

実は、近年の研究で、「運は後天的に手に入れられる」ことが
明らかにされています。

ハートフォードシャー大学の心理学教授、
リチャード・ワイズマンらが行った実験によると、
運とは「人の選択によって」が大きく変わるといいます。

1000人以上を対象に実験・調査を行った結果、
運のいい人の特性は
「新しい発見を積極的に受け入れ、外向的で神経質過ぎない人物」
という結果となりました。

彼らは自らの直感に基づき、常に前向きに行動し続けた結果、
チャンスを手にしたのです。

以上の理由から、
運というものは、「人為的にコントロール」することが可能と言えます。

運を手にするには、運を持つに値する人物となることなのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ