FC2ブログ

千田琢哉名言その3000

  2019年10月16日21時01分42秒0027_R
この2つの間を、
生涯で彷徨い続けるのが人生だ。



サイコパス
中野信子著、「サイコパス」

著者は、「サイコパスは見た目判断できる」と述べています。

ドイツのヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学の研究グループが行った実験によると、
「顔の横幅の比率が大きい男性」ほど、サイコパシー傾向、反社会的性向が高い
という調査報告があります。

顔が細長い男性より、横幅がある男性のほうが、
サイコパスである可能性が高いのです。

これは、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が関係しており、
「テストステロン」の分泌量が高いと、顔は横に広くなる傾向があるのです。

「テストステロン」は、競争性や攻撃性が増すので、
サイコパスの特徴と一致するのです。

千田琢哉名言その2965

  2019年10月02日20時32分58秒_R


記憶の種類

脳は大きく分けると
「手続き記憶」と「陳述記憶」に分けることができます。

「手続き記憶」とは、自転車の乗り方や楽器の弾き方など、
身体が勝手に動くような記憶を指します。
一度身につくと、歳月が経っても忘れることがないのが特徴です。

「陳述記憶」とは、言葉や文字で陳述可能な記憶を指します。
いわば、頭で覚える記憶のことで、時間が経つと忘れてしまうのが特徴です。

そして、記憶には「時間」と密接な関係があります。

すぐに忘れてしまう記憶のことを「短期記憶」と呼び、
脳に止まっている時間は、わずが数秒から1分程度と言われます。

数時間から1週間程度と、
短期記憶よりも長い記憶を「近時記憶」と呼びます。

数か月から、数十年と長期にわたる記憶を「長期記憶」と呼び、
反復を繰り返すことで、長期記憶に保存されます。

千田琢哉名言その2876

  2019年07月06日07時41分07秒0006_R


“自然は我々すべてに同じ能力を与えなかった。
我々の一部には、できないことがあるのだ。”

古代ギリシアの童話作家、イソップの名言。

脳科学の観点から言えば、
「脳は好きなものは、より好きになる」という特徴があります。

脳は、まず特定の脳番地を大きく育てることで、
ついでに周囲の脳も育ってくという性質があります。

さらに脳は、使う頻度が高い脳番地を優先して選ぶ傾向があるので、
一定の部分を使えば使うだけ成長します。

「好きこそものの上手なれ」といいますが、
脳は好きなこと、得意なことは連動しやすいのです。

好きなことから派生して「得意」になることで、
「好き×得意」の相乗効果で成長率がアップします。

千田琢哉名言その2865

  2019年06月20日08時11分50秒0010_R




基本的には移動する生物のみに
“脳”があると言われます。

なぜなら、脳細胞の最も大切な仕事は
「生物を移動させること」だったからです。

本能的な仕事をするためには、
生物を移動させなければならないので、
脳はそのようにつくられていました。

このことから、脳無くして体は動かせません。

逆も然りで、体を動かさなければ脳も機能できないのです。

「移動距離と脳の大きさは比例する」という見解すらあります。

千田琢哉名言その2850

  2019年06月13日07時51分45秒0003_R
そしてお金も遠ざかっていく。



なぜ面倒臭くなるのか?

脳科学者である加藤俊徳氏いわく、
“めんどうくさい”という感情は、
「人間にとって正常なもの」といいます。

人間の脳は酸素が行きわたることで覚醒し、
さまざまな情報処理を行うことができます。

しかし、酸素が行きわたらず、
うまく覚醒しにくい状態で何かやろうとすると
“めんどうくさい”という感情が沸き出てくるといいます。

このことから“めんどうくさい”という感情は、
脳がスタンバイできていない状態を表します。

他にも、不慣れなことや不得意なことを求められた時、
“めんどうくさい”という感情がでてきます。

このことから、“めんどうくさい”を回避するには、
“めんどうくさい”という感情が出てくる前に、
いかにハードルの低いスタートを用意しておくかがカギとなります。

つまり、「わかりやすいもの」を用意しておけばいいのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ