「そんなもんは通過点に過ぎないんだよ」

 

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「『ゴール』と書いて
 
 『スタート』と読む」



千田さん曰く、
『人生というレースには永遠と
 スタートが始まる。

 『目標』は『ゴール』ではなく
 次の目標の通過点。

 一休みは死ぬ時だけ。』


となると
「ゴール」というものは存在しません。

すべてのものに「ゴール」はない、
「ゴール」とは次の「スタート」の為にある。



となると
自分の人生の「ゴール」って
やはり「死」なのでしょうか?


「死」が「ゴール」。

時々
一気に「ゴール」へ向かう人がいます。



でも
「ゴール」というのは
途中の過程があって初めて
「ゴール」に意味が吹き込まれるのだと
思います。


「過程」があって「ゴール」がある。


その過程を楽しくするのが
人生なんだと思います。




「アイビー・ベーカー・プリースト」の名言


『地球は丸い
 「終わり」に見える場所はまた
 「始まり」に過ぎないかもしれない』






追伸

「十」「月」「十」「日」(とつきとうか)

で「朝」。

朝になるたび
僕たちは生まれ変わっているのです。



「分を知る」

  001_convert_20120107155722.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。

「人間がどんなに勉強し続けても

 宇宙から見たら針の穴程度のことを

 ごちゃごちゃやっているだけです」



千田さん曰く、
『頭のいい人は自分が頭がいいと思っていません。
 だからいろんなものを吸収できる。
 
 自分の弱さを知らないと
 強くなれない。
 
 自分を知ること。』
と。



満天の星空を見ると
自分がいかにちっぽけで
たいしたことはないと感じます。

悩みなんて
どうでもよくなるくらいです。

千田さんは言います。

「それを知ることが大事」

そうです。
自分がたいしたことないと
思えれば謙虚になれます。

謙虚な気持ちは
なんでも吸収しようとします。




アメリカの物理学者は

「宇宙は『無』から誕生した」

といいます。


そうすべては
時間もエネルギーも何もないところから
始まったのです。


僕たち人間もそう
何もない状態にこそ
「始まりがある」のではないかと思います。




追伸

今この地球で生命が誕生できたのは
様々な好条件、
太陽との距離、地球の大きさ、重力、地軸の傾き、自転速度、
奇跡と言える確率がそろっているから
人は生きられます。


その奇跡の瞬間に僕らは
いるのです。

存在していること自体、奇跡です。

感謝してもしきれません。

「いい事も悪い事も意味がある」

  001_convert_20120106171336.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「幸運だったのは

 自分が他の誰かに親切にしていたからです

 不運だったのは

 自分が他の誰かに

 不幸にしていたからです」




千田さん曰く、
『困難から逃げても必ず何らかの形で
 同じ困難が出現し続ける。

 困難から逃れて「ラッキー」ではなく
 それは時間を経て必ず返ってくる。

 今それを感じられるか
 感じられないかの話。』
と。




すべては「因果応報」です。

自分がした事が自分に返ってくる。
いい事も悪い事も。



小さい頃に読んだ

「かさじぞう」

おじいさんが雪の降る中
お地蔵様がかわいそうだと
自分の作った笠をかぶせてやり
その恩返しを受けるという話です。


これぞまさしく
「因果応報」


おじいさんは何の期待もしませんでした。
その報いが返ってきました。



千田さんは言います。

「今それに、気がつけたかどうか?」

だと。


すべてつじつまが合うようになっているはず。


人にやさしくした時
人から優しくされます。

人に愚痴をこぼした時
その人も自分に愚痴をこぼしてきます。

人に笑いかけると
人も笑いかけてきます。

とても気がつかない小さな事ですが
それも「因果応報」。


人生はただバランスをとりたがっている
だけなのかも知れません。


「自分原因主義」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「詐欺にあった原因は

 自分以外にはない」



千田さん曰く、
『詐欺に遭った人が最後に到達する結論は
 「原因は自分以外になかった」
 という紛れもない事実。

 心の隙が詐欺師にカモと思わせてしまった。

 自分に降りかかったすべての原因は自分自身にあると
 考えるとすべての問題が解決する。』


「騙す方が悪い」

確かに
人を騙すということは
悪いこと。


しかし
世の常に、

「騙される方も悪い」
という言葉があります。




「自分は被害者なんだ、
 騙される方が悪いとは何だ?」

と激怒されそうですが、

原因追求していくにつれ
結局、自分以外の原因はないということに
気づかされます。


自分の心のスキ、知識の無さが
露呈されます。


世の中には
「他人に原因を求める人」と
「自分に原因を求める人」しかいません。



他人に原因を求めた時
人は思考停止し、恨みの念でいっぱいになります。


自分に原因を求めた時
人は「なぜ失敗したのか?」と
脳がフル回転で原因を探し始めます。
そして前向きな気持ちでいっぱいになります。




追伸
「ポジティブシンキング」か「ネガティブシンキング」か
を言っているのではありません。


「現実を見つめられるか」
「現実から目を背けるのか」を言っています。


「0スタート」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「問題解決は

 マイナスを0の状態に

 戻したに過ぎない」



千田さん曰く、
『問題を解決して満足してはいけない。

 問題解決に明けても暮れても進歩する事はなく
 問題解決してからがスタート。』
と。


必殺!
千田さんの気づきの言葉です。


またも気づかせてもらえました。


確かに
何か問題に直面したとき
それを解決するのに必死になり

いつしかそれを解決すること自体が
目的になり

答えが見つかったときには
すでに満足している・・・


現実は
マイナスに振れていた針が
元の位置に戻っただけなのに。


千田さんは言います。

「そこからがスタート」だと。


普通に生きていたら
出逢えなかったこの「気づき」。


この「気づき」に出逢えた
あなたも私も運がいいと思います。




追伸

松下幸之助の名言です。

「問題を解決するより、
 問題に陥らないよう手を打つ」


そう
常に一寸先を見て、手を打つ。

何事も先手必勝。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ