FC2ブログ

千田琢哉名言その2830

  2019年05月22日21時04分58秒0005_R
あるかによって、
結果が大きく左右されるものだからである。



自信を身につける3つのコツ

①率先して”人が嫌がる仕事”をする

率先して人が嫌がる仕事をしていると、
周囲から一目置かれる存在になります。

一目置かれることで自信が身につきます。

②自分の弱さを受け入れる

自分の弱さを受け入れると、
自分が感じる「恐怖を認める」ことになります。

「なぜ恐れているのか」がわかると、
恐れは恐れでなくなります。

③背筋をピンと伸ばし、胸を張る

南カリフォルニア大学のボーンズとウィルタームスら行った実験によると、
人間の動作で、「アゴを上げて胸を張る姿勢」を取ると、
ストレス耐性がアップすることが明らかとなりました。

背筋をピンと伸ばし、胸を張るだけで自身が身につくのです。


千田琢哉名言その2811

  2019年04月26日20時53分37秒0010_R
のほうがいいというのが私の結論である。


メラビアンの法則

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱した概念。

人が対面で話しをする際、
「言葉」「語調」「身振り」の3つが
大きな印象を与えるというもの。

この3つには、印象を与える度合いが違います。

「言葉」 7%
「語調」 38%
「身振り」 55%

つまり、相手に与える印象は
「ボディランゲージ」がほとんどだったのです。

"人は見た目が9割"と言われますが、
見た目の要素は大きいことがわかります。

千田琢哉名言その2799

  2019年04月13日21時44分07秒0006_R


78:22の法則

「ユダヤの法則」とも言われる。

ユダヤ人は「78:22」という数字を用いて、
様々な分野で成功を収めたことから、この名がつけられた。

法則たる所以として、

・地球の大気→窒素が約78%
          その他の気体が22%

・地球の海と陸地の比率→海78%
                 陸22%

・人間の身体→水分78%
         その他の物質22%

・腸内の理想的な環境→善玉菌78%
               悪玉菌22%

イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが提唱した「80対20の法則」も
この「78:22」の割合からきているといいます。

千田琢哉名言その2798

  2019年04月13日21時44分07秒0005_R


ベンフォードの法則

1938年、物理学者フランク・ベンフォードが提唱した法則。

人口、株価、物理、数学定数、面積、電気・ガスの料金など、
私たちの身の回りにある、あらゆる数字は、
先頭に「1」がついているものが最も多い
という法則。

先頭数字の出現率
1→30.1%
2→17.6%
3→12.5%
4→9.7%
5→7.9%
6→6.7%
7→5.8%
8→5.1%
9→4.6%

数字が大きくなるにつれ、
出現率が下がっていくのがわかります。

つまり、
1から始まる数字は信憑性が高く、
9から始まる数字は信憑性が低い
という判断ができます。


千田琢哉名言その2786

  2019年04月04日18時56分18秒0002_R


比較優位の法則

19世紀、イギリスの経済学者デヴィット・リカードが提唱した貿易の大原理。

自由貿易について彼は、
2国間で分業すればお互いにメリットがあるので、
「優位なほうに特化すべき」と唱えました。

比較優位とは、機会費用(希少性の選択をする時に、犠牲になる利益のこと)
が少ないほうに特化すること。

お互いの国が得意な産業に注力することで、
結果的に両国の生産性が上がるのです。

有能な部下を抱えている上司は、
口出しするのではなく、任せてしまうことで、
結果的に組織は効率化します。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ