FC2ブログ

千田琢哉名言その2740

  2019年02月11日07時28分57秒0006_R
売れたものを、もっと伸ばすのだ。


SWOT分析

戦略策定やマーケティングの意思決定、経営資源の最適化などを目指すため、
自社の「外部環境」と「内部環境」を明確にするフレームワーク。

Strength     強み
Weakness     弱み
Opportunity    機会
Threat      脅威

の頭文字を取ったものです。

これらを把握しておくことで、
戦略策定やマーケティングが的確に行えるようになります。

このSWOT分析は、個人にも当てはまるもので、
自分の「強み」を開発するのに有効です

自分が貢献できる能力は何か?
それを拒む苦手なものは何か?
自分にチャンスを運んで来るものは何か?
他の追随を許してしまうものは何か?

これらを知ることで、自分の向かうべき方向、
目指すべきベクトルが明確になります。

千田琢哉名言その2723

  2019年01月26日14時02分33秒0005_R



PDCAサイクルの分水嶺

生産管理手法の一つであるPDCAサイクルには、
「分水嶺」があります。

それが「C」と「A」です。

どんな企業でも、Plan→Doまでは
ごく自然に行います。

しかし、忙しさを理由にCheckを怠り、
Actionまで辿り着きません。

つまり、「C」からが分水嶺となります。

ここを自然に乗り越え、リスタートすることで、
研ぎ澄まされていきます。


千田琢哉名言その2720

  2019年01月26日14時02分33秒0003_R
繰り返そう。



PDCAサイクル

アメリカの物理学者、エドワード・デミングとウォルター・シュハートが提唱した概念。
生産管理、品質管理などの「管理業務」を継続的に改善していく方法。

Plan(計画)
目標や計画などを設定し、行動計画を立てる

Do(実行)
行動計画に沿って、業務を行っていく

Check(評価)
結果に対し、評価する

Action(改善)
改善点をあげ、改善していく

これらP→D→C→Aを繰り返していくことで、適切な業務管理を行えるようになります。

読書→Plan
 
実際に試し→Do

人と語り合い→Check、Action

それをひたすら繰り返そう→サイクル

読書はPlan。

千田琢哉名言その2719

  2019年01月26日14時02分33秒0002_R
目標達成のノウハウを習慣化してもらう。



SMARTの法則

ジョージ・T・ドラン氏が提唱した、目標達成のフレームワーク。

S(Specific)
大きなビジョンを達成するための、小さな目標を「明確化する」ことです。
具体的に何をするのかをはっきりさせます。

M(Measurable)
目標達成するためには、進捗度が「見える化」されている必要があります。
計測可能である状態にします。

A(Achievable)
立てた目標が、実現可能であるか確認します。
皆が同意できるものかどうか判断します。

R(Relevant)
ビジョンに沿った内容であるか確認します。
現実的かどうか考えます。

T(Timing)
目標達成までの期限を設定します。
明確な期日、数字になっているかを考慮します。


目標達成のノウハウを固定化し、
機械のように淡々とこなすだけで、
実現していきます。



プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ