FC2ブログ

千田琢哉名言その3099

  2020年02月07日20時12分59秒0013_R
いつかは実現できる。



「What」「Why」「How」のフレームワーク

スティーブン・R. コヴィー著、
『7つの習慣 最優先事項「人生の選択」と時間の原則』

著者曰く、「What」「Why」「How」の強みについて
次のように述べています。

「What」
原則に基づいた「何を」は、成長と貢献に焦点を合わせている。
それは、ただ生活の質を高めるための目標を設定し、達成するだけではない。

「Why」
自分に負けそうになったとき、持続力を与えてくれるのは「目的意識(なぜ)」なのである。
心の奥のより深い「イエス」が燃えていれば、諦めの気持ちに対して「ノー」と言えるのだ。

「How」
「どの程度行うのか」ということは、自分を「コントロール(管理)」するか、「リリース(解放)」するかによって異なってくる。

「何を」したいのか明確であれば、迷うことがありません。

「なぜ」が明確であれば、諦める可能性が低くなります。

「どのように」が明確であれば、今すべきことがわかり、モチベーションが維持できます。

千田琢哉名言その3059

  2020年01月03日08時36分57秒0010_R


自己分析

前田 裕二著、「メモの魔力」

著者は、自分を知るための方法として、
「自分の意識に目を向ける×Whyで深掘りする」をあげます。

「自分の意識」に目を向け、具体化していき、「Why」で深掘りします。

そして、深掘りしたものを抽象化することで、
自分の本質に辿り着くことができるのです。

例えば、「自分の短所」を探す場合、
「気が短い」という答えがあったとします。

この時、さらに一歩踏み込んで、「どんな気の短さがあるのか?」を具体化します。

今度はそれに対し、「Why」で深掘りし、抽象化します。

すると、「ちょっとした言動ですぐに傷ついてしまう」ことが浮き彫りになります。

「なぜそんなにも傷つきやすいのか」とさらに抽象化すると、
「過去の苦い体験」という答えに辿りつきます。

こうすることで自分の本質が浮き彫りとなり、
精度の高い自己分析ができるようになるのです。

千田琢哉名言その2968

  2019年10月02日20時33分04秒_R


ギャップ分析 

ギャップ分析とは、
理想と現実のギャップを課題と考え、
理想に近づけるためには、何が必要かを分析する課題抽出法。

ギャップ分析を行うには、
「As is」(現状)と 「To be(あるべき姿)」を把握することから
はじまります。

事実に基づき、「今がどうなっているのか」を把握します。

そして何を目指し、何を理想とするのかという
「あるべき姿」を明らかにします。

両者のギャップを探し出し、このギャップを埋めていくことで、
課題を発見することができます。

千田琢哉名言その2950

  2019年09月19日21時32分28秒0001_R


MVV

社員のベクトルを合わせるのに欠かせないのが
起業理念です。

起業理念というと、社訓、社是、クレドなどが
それにあたります。

実は、これら「起業理念」は
「MVV」の組み合わせで成り立っています。

MVVとは、

M…ミッション→果たさなければならない役割のこと。
V…ビジョン→将来のあるべき姿、将来像のこと。
V…バリュー→どのようにして価値を提供するのか、行動指針のこと。

これら「MVV」を明確にし、
社員と共有することで、組織のベクトルが合います。

千田琢哉名言その2883

  2019年07月16日22時02分11秒0003_R


OKR

Objectives and key Results(達成目標と主要な結果)の略。

革新的な目標設定・管理方法のひとつで
組織が掲げる達成目標と主要な結果をリンクさせること。

インテル社で考案され、GoogleやFacebookなど、
シリコンバレーの有名な企業が取り入れていることで
注目を集める。

その特徴は、
従来の計画方法に比べて高い頻度で設定、追跡、再評価を行うことです。

まず目標を定性的に設け、
シンプルで覚えやすいものにします。

チームのモチベーションが上がるような目標が理想的です。

月に一回から四半期に一回を1つのサイクルとして考えます。

そして、定量的な指標で表し、6~7割の達成度で成功とします。

OKRで設定した期間が終了したら、
達成度のスコアリングを行います。


プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ