FC2ブログ

千田琢哉名言その3374

  2020年11月20日18時08分35秒0002_R


商の原点は、どうしたら売れるか儲かるかではなく、
どうしたら人々に心から喜んでもらえるかである
松下幸之助

→「人々」とは、自分も含まれる。

わたしたちはどうしても、
成功するには、「苦労」が必要と考えてしまう。

しかし、成功に苦労は関係なく、
すべてはやり方次第で動いていく。

「自分が働いて儲ける」こともできるし、
「コンテンツに働いてもらって儲ける」こともできる。

つまるところ、何をどうしたいか、
何をどうするかによって、その手法が変わってくるという話。

千田琢哉名言その3114

  2020年03月03日20時26分31秒0002_R



T型人材

T型人材とは、能力の幅と深さを併せ持つ人材を指します。

Tの「-(横棒)」は、汎用的能力のことで、
さまざまな分野の知識・スキルを幅広く持つ人材です。
→ゼネラリスト

Tの「|(縦棒)」は、専門的能力のことで、
ある特定の分野の知識・スキルを深く持つ人材です。
→スペシャリスト

従来は、このどちらかの能力を持っていれば「良し」とされていました。

しかし、現代は変化の目まぐるしい時代。

企業は、この両方の能力を持つ人材
「T型人材」を求めるようになります。


千田琢哉名言その2903

  2019年08月05日09時39分59秒0002_R
受容させるという、
極めて重要な役割を担っていると言えるだろう。



注目されるデジタル技術

猫も杓子もインターネットの時代、
この時代は「デジタル技術」を抜きに、
ビジネスは語れません。

ビジネスに必須のデジタル技術が次の3つです。

①モバイルデバイス
②SNS
③IoT

「モバイルデバイス」とは、スマートフォンやタブレットのことで、
日本人の約8割が常備携帯しているといわれています。
新規顧客獲得や既存顧客を維持するための大きな武器となります。

「SNS」は、facebook、ツイッターなどのソーシャルネットワークサービスを指します。
Web上で構築された特定のサークルは、同じ価値観の顧客なので
大きな兵糧となります。

IoTは、モノとインターネットを繋ぐ技術のことです。
人間の経験や勘などのアナログなものを、デジタル化することができるツールと呼ばれています。
現実世界のデータを収集し、集まったデータを解析し、
解析したデータを活用し、新規市場へ展開できる、大きな基盤となります。

既存のビジネスに「デジタル技術」を導入することで、
マーケットが拡大するのです。

千田琢哉名言その2770

  2019年03月19日20時56分03秒0001_R


信用と信頼

広辞苑では、

信用・・・信用して任用すること。

信頼・・・信じて頼ること。

ビジネスシーンにおいては、

信用・・・実績や成果などを証明する担保が必要。

信頼・・・担保の必要がない。

本質的には、

信用・・・信頼の前提にあるもの。

信頼・・・信用の積み重ねによって獲得できるもの。

分をわきまえることで、
信用が生まれ、信頼へと繋がっていきます。


プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ