FC2ブログ

千田琢哉名言その2804

  2019年04月26日20時53分37秒0003_R
だから、
膨大な数の労働者を雇うことができるのだ。



労働集約型

労働集約型とは、事業活動における資本の割合が低く、
人間の労働力に依存する割合が高い産業のことをいいます。

・賃金コストが高い
・お金や機械ではなく、人間の手による仕事量が多い
などの特徴があります。

例として、農業、漁業、サービス業、流通業などがあげられます。

対極のものとして、
「資本集約型産業」があります。

資本集約型産業とは、資本の割合が高い事業活動のことです。

・賃金コストが安い
・設備投資が多額になる
などの特徴があります。

例として、鉄鋼、石油、化学などの重化学工業などや、
電気業やガス業もこれにあたります。

千田琢哉名言その2789

  2019年04月04日18時56分18秒0004_R
ための本がある。


マッチングモデル

人や企業など、顧客同士をマッチング(結ぶ)することによって、
収益を上げるモデル。

売りたい人、買いたい人を引き合わせ、
取引を成立させることで、紹介料、手数料を得る。

このマッチングには、主に3つのモデルがあります。

・固定料金収益モデル
・紹介料収益モデル
・オプション収益モデル

「固定料金収益モデル」とは、
会費やサービスの使用料などの固定料金を得るビジネスモデルです。

「紹介料収益モデル」とは、
顧客と顧客の仲介役となり、成功報酬によって収益を得るビジネスモデルです。

「オプション収益モデル」とは、
基本サービス以外のオプションサービスで収益を得るビジネスモデルです。

この「マッチングモデル」は、インターネットの普及と共に、
一気に拡がりを見せたビジネスモデルの1つです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ