FC2ブログ

千田琢哉名言その2864

  2019年06月20日08時11分50秒0009_R


ネーミングのコツ

人の心に突き刺さるコピーをつくるには、
「ネーミング」は欠かせません。

ネーミングを開発する時のコツとして、

①カテゴリー全体のネーミングを把握する
②「目的」を重視する
③「視点」を重視する

①カテゴリー全体のネーミングを把握する
競合他社や市場に、どんなネーミングが存在しているかを把握することで、
トレンドを知り、時流にあったネーミングがつくれます。

②「目的」を重視する
ネーミングでマーケティング活動が促進される部分の設定を指します。
受け手が憶えやすい、記憶に残りやすいネーミングにすることがポイントです。

③「視点」を重視する
ネーミングは相対性があると印象に残ります。
独自の視点、表記、表音などを意識することで、
記憶に残りやすいネーミングにすることができます。

千田琢哉名言その2792

  2019年04月04日18時56分18秒0007_R
いなければならない。



ゲーテ

ハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。

ドイツの文豪で、
数多くの文学作品を遺したことで有名。

自然科学者としても、光学、植物学、地学、解剖学などの分野で
優れた成果を遺している。

ゲーテの代表作といえば、「若きウェルテルの悩み」です。

ゲーテはある時、舞踏会で19歳の少女・シャルロッテに出会い、恋に落ちます。
しかし、シャルロッテには婚約者がいました。
諦めきれないゲーテは、シャルロッテに手紙を送ります。
その数、3年間で1800通という膨大な数でした。
しかし、この恋は実らなかったそうです。

このことから、
どんなに情熱があっても、
相手にとってLOVEでなければ、
それは成立しないことがわかります。




プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ