FC2ブログ

千田琢哉名言その2987

  2019年10月16日21時01分42秒0014_R
対して失礼だ。


華僑のお金の使い方

自国を離れ、外国でビジネスを成功させている人々がいます。

それが「華僑」です。

そんな華僑の人たちには、
お金の使い方にルールがあります。

どんなことにお金を使っているのかといえば、
「体験」です。

華僑の人たちは、
お金の持ちの世界を体験できる場所で
お金を使うのです。

「お金持ちご用達のホテルを利用する」
「お金持ちが好むサービスを買う」など、
お金持ちが集う“場所”に身を置くのです。

体験したことは、人から奪われることもなく、
なくなることもないので、血肉になります。

このお金の使い方が結果的に、
儲け方に繋がり、成功を手にすることができるのです。

千田琢哉名言その2978

  本当の出世とは部長になることではなく、
2019年10月16日21時01分42秒0005_R


反逆性

ルールに従わない人、反逆性のある人のほうが出世する…。

フランチェスカ・ジーノ著、「イヤなやつほど仕事がデキる」

成功できる人とは、
実は、「反逆心のある人」と述べています。

なぜなら、ルールに従わず、
誰もが臆することを平気でやってのけてしまう「反逆者」の方が、
イノベーションを起こせるからです。

彼らに共通する「反逆性」の要素として、
次の5つがあります。

⓵新奇性
②好奇心
③客観視
④多様性
⑤偽りのなさ

⓵新奇性とは、手強いこと、新しいことに臆することなく挑戦する。
②好奇心とは、子供のように「なぜ?」と、常に疑問を持つことができる
③客観視とは、広くものを見ることができ、他者の視点で世界を捉える
④多様性とは、ステレオタイプの人に異を唱えることができる
⑤偽りのなさとは、自分の弱さをさらけ出し、感情や信念を素直に表せる。

この5つの要素は、すべて「意欲」に繋がっているといいます。

意欲的な人は、どこか「反逆性」があり、
人と違う行動するので、結果的に出世することができるのです。

千田琢哉名言その2955

  2019年09月19日21時32分28秒0007_R


働き方

沢渡あまね著、「働く人改革」

著者は「働き方改革」という、受け身の考えではなく、
「働く人を改革」することが重要と述べています。

では、働く人を改革するにはどうすればいいのでしょうか?

それが「主体性を持つ」ことです。

理由は、主体性を持つと、短い時間でも成果を出せたり、
前向きに仕事に取り組めたりするからです。

主体性のある職場であれば、各自が自発的に仕事をするので、
最大限に効率化します。

自発的に仕事をするポイントとして、
「目標・ゴールに対する意識付けすること」
と述べます。

これは、
「会社のビジョンや経営理念を元にした目標やゴールを意識しているか?」
というものです。

目標やゴールを理解し、意識することで
主体性を持つことができ、働く人を改革することができるのです。

千田琢哉名言その2949

  2019年09月12日06時50分00秒0011_R



話し上手

“話の上手な人は、内容的には難しいことでも、
聴衆が理解できるようにやさしい言葉を選び、
噛み砕いて話し、いっそう理解が深まるような
わかりやすい事例を引く。”

堀場製作所創業者、堀場雅夫の名言。

難しいことをわかりやすく「伝えてくれる人」は、
相手の心を掴むことができます。

なぜなら、自分の劣等感を克服させてくれるからです。

やさしいことを、難しく「伝える人」からは、
人は離れていきます。

なぜなら、自分に劣等感を植え付けてくるからです。

前者は、信者が集まり、
後者は、アンチが集まります。



千田琢哉名言その2933

  2019年09月05日20時26分14秒0002_R
いけないのだ。



人脈

サラリーマンの人脈は、大きく分けると、
2つに分類されます。

「会社につく人脈」と「個人につく人脈」です。

「会社につく人脈」は、「役職」と付き合っている人脈のことで、
会社を辞めた途端に途絶えます。

「個人につく人脈」とは、仕事人として信頼してくれている人脈のことで、
会社を辞めても繋がっています。

「会社につく人脈」とは、「利益」で繋がっており、
「個人につく人脈」は、「信頼」で繋がっています。

「○○会社の○○さん」ではなく、
「○○さん」と呼ばれる人脈が、
本物の人脈なのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ