FC2ブログ

千田琢哉名言その3307

  2020年09月09日16時24分56秒0005_R


ショービジネスとしてね、見せる一つの商売からいきましてね、
同じ負けでも全くいい負け方であったというイメージを持って、
ファンに家路についてほしい。
長嶋茂雄

→商品やサービスの「質」
そのものを向上させることは、
最低限やるべきこと。

その先にいる「顧客の顔」を想像できる人は少ない。

「顧客の顔」が圧倒していれば、成功。

普通の反応、怪訝な反応であれば、失敗。

顧客をいかに「信者」にするかが、勝負の分かれ目となる。

千田琢哉名言その3263

  2020年07月23日19時03分17秒0009_R


もし善が原因をもっていたとしたら、それはもう善ではない。
もしそれが結果を持てば、やはり善とは言えない。
だから、善は因果の連鎖の枠外にあるのだ。
トルストイ
→結果を持つということは、
原因をコントロールできることに他ならない。

結果とは、事象であり、
出た目に過ぎない。

世の中は、結果に導くことばかりを求めるが、
それは、思い上がりであり、
短期的な結果に過ぎない。

継続的な結果は、
原因から踏まえ、出た結果を受け入れることから
生まれる。




千田琢哉名言その3174

  2020年05月04日08時34分26秒0001_R
獲得できない。


一流…
他人に感動を与えることができる人。
単に能力に秀でているだけではなく、
その生き方が人々の見本となる人。
福島正伸

→人を魅了するような「ペルソナ」
そして、人を先導するような「資産」
さらに、人を動かす「グルダム」が、一流と呼ばれる所以。

一流は一流を育てる。
野村克也

→一流の言葉に触れていれば、一流へと近づく。

一流の言葉にたくさん触れることも重要だが、
二流、三流の言葉に触れない努力の方がさらに重要。

千田琢哉名言その3145

  2020年04月04日20時45分24秒0001_R


本当に有能な人は、むしろ無能に見える。
西洋の格言
→無能を装いながら、淡々としている。
無能なのに、有能を装っている人は、アツい。

「できること」も大切だが、
「できると思われること」はもっと大切だ。
高井伸夫

→実際にできることがベースにあり、
そこに「錯覚」の「資産」が付加されることで、
「デキる人」に拍車をかける。

千田琢哉名言その3081

  2020年01月21日07時25分46秒0012_R



勝間 和代・久保 明彦・和田 裕美共著
「人生100年時代の稼ぎ方」

著者のひとりである和田和美氏。

氏は、「女性営業のカリスマ」と呼ばれ、
外資系教育会社勤務中は98%のクライアントから契約を取り、
国内トップ、世界142カ国中2位という快挙を果たします。

著者は「稼げる条件」として、

「好かれる力を身につける」
「相手の話をとことん聞く力を身につける」
「心遣いという洞察力を身につける」

の3つをあげます。

「好かれる力を身につける」
感じがよかったり、人として好かれることで、
人が集まってきます。

「相手の話をとことん聞く力を身につける」
人は自分の話を聞いてくれる人や、自分に興味のある人に対し、
好意を抱く性質があります。

「心遣いという洞察力を身につける」
相手のニーズを引き出す洞察力のことです。
相手との会話を通して、相手が言語化できない気持ちを汲み取ります。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ