FC2ブログ

千田琢哉名言その2898

  2019年07月29日08時01分21秒0005_R
である。


勇気とは?

心理学の三大巨人のひとり、アルフレッド・アドラーは
「勇気」について、次のように述べています。

「勇気とは、困難を克服する活力のこと」

仕事の課題、友人関係の課題、家族の課題など、
困難は次々と押し寄せます。

しかし、この困難によって
私たちの「共同体感覚」は試されるのです。

どんな時も、相手を想い、相手を優先するという
共同体感覚を持てるかどうか?

これを「勇気」と呼びます。

困難に恐れない、困難を克服することが、
真の勇気だったのです。

千田琢哉名言その2895

  2019年07月29日08時01分21秒0002_R


自己嫌悪に陥る原因

・自信がない
自分に自信がないと意見を述べたり、
積極的な行動を取れないため、自己嫌悪に陥る。

・劣等感と自尊心を併せ持っている
「自分は人より劣っている」という感情と
「自分はまだまだこんなじゃない」という感情がぶつかり合い、
自分の中でジレンマが起こり、自己嫌悪に陥る。

・自責思考が強い
何か失敗したとき、「自分が悪い」という感情が強すぎると、
自分を責めてしまい、自己嫌悪に陥る。

・常識人、マナーを重んじる
常識的な人やマナーを重んじる人は、制約が多いので
その分ストレスを感じてしまい、自己嫌悪に陥る。






千田琢哉名言その2894

  2019年07月29日08時01分21秒0001_R


孤独のすゝめ

一般的に「孤独」というと、
「寂しい」「つまらなそう」「かわいそう」という
ネガティブなイメージがあります。

しかし、実のところ孤独になるメリットは多岐に渡ります。

①孤独になると才能が開花する
集団や組織に属していると才能が開花しません。

組織は他の人と連携して仕事をする場所なので、
共同性が必要となります。

組織における「自分の才能」は、二の次になります。

②自信がつく
そもそも自信とは「自立」のことで、自信があるということは、
何でも自分で背負える覚悟があるということです。

誰かに頼らなければならない人は自信がありません。

親に頼る、会社に頼る、国に頼る

本物の自信を手に入れるのであれば、
「他に」頼らない、孤独が必要なのです。

千田琢哉名言その2884

  2019年07月16日22時02分11秒0004_R
ものはない。


“強さ”とは?

横山信弘著、「自分を強くする」。

著者は、強さの定義を「変化耐性のある人」と述べています。

一般的に強さというと、能力や精神力の高さのことを指します。

しかし、いくら能力や精神力が高くても、
環境や状況が変われば、すぐに弱くなってしまいます。

変化耐性があると、環境や状況が変わっても、
適応できるようになります。

変化の目まぐるしい現代は、
能力の高さはもちろんのこと、
「変化できる」ことも必須能力なのです。

千田琢哉名言その2877

  2019年07月06日07時41分07秒0007_R
人生を創ればいいのだ。


対人恐怖症

日常生活もままならないほどに
人と接する時に緊張したり、震えたりと
コミュニケーションが取れない病気。

対人恐怖症は、幼いころの体験も影響していると言われ、
学校で先生に叱られた友人を見た時、
発表会で失敗して、笑い者にされたときなどが
原因として考えられます。

対人恐怖症は、
「赤面恐怖」「視線恐怖」「電話恐怖」
「スピーチ恐怖」「会食恐怖」「書痙」など
様々な種類があります。

「人前であがってしまう自分がいる」

「人前に出なくていい方法」

原因を知ることで、
克服できたり、対処することができます。


プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ