FC2ブログ

千田琢哉名言その3338

  もし定年後の
2020年10月14日20時52分44秒0003_R
なければならない。


趣味は幸福を担う
多くの副産物を生み出してくれます。
ジョセフ・マーフィー

→「仕事が趣味になってはいけない」
という人がいる。

「趣味は趣味」「仕事は仕事」と
区切りをつけなければならないから
そう思う。

なぜ区切りをつけるのかというと、
「仕事」が奴隷の仕事だから。

奴隷の仕事だから、
「趣味だけは…」となる。

もし、仕事が趣味のように楽しければ、
仕事も趣味も堺がなくなる。

これほど最高の状態はなく、
一生涯働き続けることができる。

「定年後」といった旧態依然ではなく、
今を生き続ける考え方。

千田琢哉名言その3328

  2020年10月04日20時16分16秒0001_R
合わせる。


状況?何が状況だ。
俺が状況を作るのだ。
環境?環境がどうしたというのだ。
環境とは自分で作り出すものではないか。
ナポレオン・ボナパルト

→環境が人に与える影響が大きいことは、
周知の事実。

同時に、環境は「構築できる」という事実。

これを踏まえながら、行動できるか否かで、
成功は決まる。

何を捨て、何を生かすかで、
人生は決まる。

「この人生で何に命を捧げたいか」

捧げた対象だけ、花が咲く。

千田琢哉名言その3323

  2020年09月17日21時55分04秒0009_R


職業選択に有効なのは「職業情報の収集」と並んで
「自己理解や自己洞察」というのが定説となっている。
つまり、職業を選ぶとは自己を知ること。
香山リカ

→適職に就くために、自己を知るのではない。

自己を知るために、職につく。

そもそも、「自己を知る」ことは、一生をかけるくらいの気持ちでいなければ、
知ることはできない。

なぜなら、自己は深淵で常に変化しているから。

「昨日まではやる気だったのに、今日はめっきりだ」
「なぜか今日は仕事が捗る」
「今までできていたのに、急にできなくなった」
「あれもしたいし、これもしたい」
「何もやりたくない」

この特性を理解した上で、職を探す。

職を探しながら、自分を探すのが人生。

千田琢哉名言その3322

  2020年09月17日21時55分04秒0008_R


人間の心の一番奥底にあるのは、
人に喜ばれたいという渇望だ。
ウィリアム・ジェームズ

→そもそも人間が生きていく上で必要なもの。

睡眠、食事などが満たされていれば、
その上の欲求は、「人に喜ばれる」ことに尽きる。

「ありがとうございました」
「助かりました」「ごちそうさまでした」
「お世話になりました」

人間は、これら言葉をもらうために
活動する。

また、これらがあるから活動できる。

字の如く、「人」の「間」に生きるのが「人間」。

「人はなぜ生きるのか?」という問いの答えの1つである。

千田琢哉名言その3313

  2020年09月17日21時55分04秒0015_R


問題に詳しすぎない方が、
解決の提言ははるかにしやすい。
マルコム・フォーブス

→その対象に詳しいからとって、
すべて問題解決できるとは限らない。

詳しい分、悩みも多くなる。

人間関係にも同じことが言え、
相手と親しくなればなるほど、悩みも増えていく。

詳しくなるとコントロールできると思ってしまうから。

それでも好きな対象があれば、詳しくなりたいのが人間。

自分の思い通りにならないからこそ、
人生はより深化していく。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ