FC2ブログ

千田琢哉名言その3069

  2020年01月16日08時17分53秒0004_R


ネット時代の寵児

堀江貴文著、「あり金は全部使え」

なぜ、「あり金」を全部使う必要があるのでしょうか?

堀江氏曰く、
「物質的に豊かになったこの時代は、
食糧(貯金も含まれる)は重要な基準ではなく、
驚きや感動、娯楽、快適さなどに価値がある」
と述べています。

童話「アリとキリギリス」

実のところ現代は、キリギリスのような、「今を謳歌する生き方」をしても、
まったく困らないどころか、逆に価値を生み出すといいます。

アリのようにコツコツと地道に仕事や貯金するよりも、
キリギリスのように好きなことにお金を使い、
豊かな経験や知恵を獲得する人の方が、
大きな価値を生み出すことができるのです。

そもそも、お金は貯めることが目的ではありません。
使うことが目的なので、「貯金信仰」に囚われている日本人は
この概念から脱却すべきと言います。

千田琢哉名言その3060

  2020年01月03日08時36分57秒0009_R


人生の観かた

齋藤 孝著「100年後まで残したい日本人のすごい名言」

著者は人生で迷ってしまった時に、
ピッタリの名言をチョイスしています。

「観見二つのこと、観の目つよく、見の目よはく、遠き所近く見、ちかき所を遠く見る事」

これは、江戸時代の剣豪、宮本武蔵の「五輪書」の言葉です。

意味は、
「目の付け方は、大きく広く見ることである。
観・見の二つがあり、観の目を強く、見の目を弱く、
遠いところを近いように見て、
近いところを遠いように見ることが兵法において重要となる」

「観の見」とは、広く状況を見ること。
「見の目」とは、対象を見ることです。

広く状況を見ながら、対象を見る。

人生において、
全体を俯瞰しながら、ターゲットを観ることが
迷いを払拭する方法なのです。



千田琢哉名言その3022

  様々な優秀な思考回路を取り込んでみて、
2019年12月01日19時18分39秒_R


人生100年時代に必要な思考とは?

勝間 和代・久保 明彦・和田 裕美共著
「人生100年時代の稼ぎ方」

人生100年時代と言われます。

この時代を生き抜くためには、
「いい大学に入り、大企業で定年まで働けば一生安泰という考えを捨てること」
と述べます。

なぜなら、
・日本人の平均寿命が過去最高を更新
・100歳以上の人が48年連続で伸び続けている
・年金支給開始年齢の引き上げ

つまり、会社を65歳で退職しても、残り35年間も
「自力で生きなければならない」からです。

退職金を当てにできないこの時代を生きるには、
「当たり前に享受していた社会制度の認識をリセットすること」
と勝間和代氏は述べます。

退職後も何かしらの形で仕事を続け、
一生現役で働くことを視野に入れるべきなのです。

千田琢哉名言その2971

  2019年10月02日20時33分11秒_R


「どう生きるか?」


原作 吉野源三郎 
漫画 羽賀翔一
「漫画 君たちはどう生きるか」

本書のタイトルにある「どう生きるか」には、
こんな意味がありました。

「1つの存在が、世の中を回しているのではなく、
ひとりひとりの意志が有機的に繫がり、世界は動いている」

これは、すべての中心が「誰か」にあるのではなく、
大なり小なりの各々が、大きな流れをつくっているということです。

マクロである「太陽」や「地球」がすべての中心ではなく、
ミクロである「人間」もすべての中心ではなく、
太陽や地球や人間や動植物、生物などのひとつ1つの「繫がり」が、
大河をつくっているのです。

対象に対しての行動ではなく、
人間分子の1つである自分が、「どう生きるか?」が重要なのです。

千田琢哉名言その2899

  2019年07月29日08時01分21秒0006_R
失恋ほど
人が落胆することもない。



無病息災<一病息災

一般的に「無病息災」が理想とされますが、
本当でしょうか?

実は長期的にみると、「無病息災」より、
「一病息災」の方が理想なのです。

なぜなら、無病息災だと
「自分は病気とは無縁だから」と過信してしまい、
体のメンテナンスを怠ってしまいます。

すると気が付かないうちに病気が進行してしまったり、
突如、急逝なんてこともあります。

一病息災で、大病や事故に見舞われると、
健康のありがたみを痛感することができるので、
普段から健康に気を使えるようになるのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ