FC2ブログ

千田琢哉名言その3231

  2020年06月28日20時44分02秒0002_R


恨みを抱くな。
大したことでなければ、堂々と自分のほうから謝ろう。
頑固を誇るのは小人の常である。
にっこり握手して自分の過ちを認め、
いっさいを水に流して出直そうと申し出てこそ、大人物である。
デール・カーネギー

→頑固とは、「頑な」に「固まる」こと、
つまり、「固定観念を頑なに貫こう」とすること。

「固定観念を頑なに貫く」とどうなるのか?

・視野が狭くなる
・思考に柔軟性がなくなる
・変化に耐えられない

というデメリットしかない。

「自分を貫く」といったニュアンスもあるが、
結局のところ、生成発展していくこの世で、
「変化しない」ことは、命取りになる。


千田琢哉名言その3220

  2020年06月19日20時39分23秒0001_R
するプロパガンダではないだろうか。


自分の運命は自分で管理しなさい。でなければ、
あなたはだれかに自分の運命を決められてしまう。
稲盛和夫

→運命は自分で変えることができる。

逆に言えば、自分で変えようとしなければ、
誰かに決められる。

「運命を管理」…「運命」とは、もともと決まっているものだが、
それは「管理」できるというもの。

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。
さもないと、誰かにコントロールされてしまう。
ジャック・ウェルチ

→「運命を管理」できるのであれば、
そもそも「運命」は「運命」ではないということ。

「運命」は、ただ命が運ばれている状態を表すものとなる。

「命が運ばれている状態」というのは、「時間の経過」を意味する。

「時間の経過」の中、どれだけ逆らえるかが、生き様。

千田琢哉名言その3219

  2020年06月13日19時47分08秒0001_R


希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。
魯迅

→よく「希望を持て」と謳われるが、
希望は本来、幻想であり、
現実的ではない。

地上(人生)に、道(正解)はない以上、
現実を見ていくしかない。

希望という、受け身な考えではなく、
事実という、能動的な考えが人生を切り拓いていく。

自分の「世界」で、道を描けるのは、自分しかいないから。

千田琢哉名言その3218

  2020年06月13日19時43分52秒0005_R


人生とはわからないこと。
次に何が起きるか知らずに、チャンスをとらえ、
最善を尽くし、変化しなければならない。
実に楽しいあいまいさだ。
ギルダ・ラドナー

→・人生は運命だと感じることもできる。
 ・人生は自分の力で変えることができる。
 ・人生は結果的なものであり、何の意味もない。
 ・人生は今の連続である。
 ・人生は物語。

人生とは結局のところ、自分の「世界」であり、
自分の固定観念や思い込みで、いかようにも変化する。

迷えば、人生はわからなくなるし、
信じれば、どの人生でも、それが現実だと思える。

自分の「世界」だから、どれも正解。

他人の世界だと思っている自分もそれで正解。

間違いが存在しないのが人生。




千田琢哉名言その3194

  2020年05月17日08時23分56秒0007_R
立派ではないだろうか。


正しかろうが間違っていようが、自分らしく生きよ。
安易に服従してしまう臆病者よりずっと立派だ。
アーヴィング・ウォーレス

→自分らしくとは「使命感」のこと。

「使命感」と感じる(または感じさせられている)ことであれば、
人生最後の日に笑うことができる。

疑問に思わない。ブレないことが前提にある。

自己満足でも欺瞞でも、最後まで想い続けられれば、
人生は勝ち。

使命感とは命を使うことだ。
野村克也

→命を使うとは、「命に従う」ということ。

「命に従う」とは、「やりたいことをやる」ということ。

「やりたいことをやる」というのは、「誰にも邪魔されないこと」

「誰」が介在しないところに、「使命」はある。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ