FC2ブログ

千田琢哉名言その3335

  2020年10月04日20時16分16秒0008_R


自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。
江副 浩正

→「勝てる分野で勝つ」というのは、
自分でその環境を構築する必要がある。

なぜなら、環境は自分が変えない限り、
整わないから。

それに加え、理想でない環境でも
その環境に属している限り、
その理想でない環境に染まってしまうからである。

意識の高い人間に囲まれていれば、意識は高くなる。

その逆も然り。

スペックの高い人材と一緒にいれば、スペックは高くなる。

その逆も然り。

以上を踏まえ、理想とする環境を
自分自身で設定することで、理想に近づく。

千田琢哉名言その3311

  2020年09月15日08時03分22秒0004_R


読書の時間を大切にしなさい。
一冊の本との出会いがあなたの生き方を変えてくれることだってあります。
ジョセフ・マーフィー

→出逢いは、人との出逢いだけではない。

いい映画との出逢い。

いい本との出逢い。

いい絵画との出逢い。

いい音楽との出逢い。

いい言葉との出逢い。

人生はすべて出逢いと別れであり、
その出逢いと別れによって成長する。

孤独との出逢いもまた、
成長である。

千田琢哉名言その3002

  2019年11月12日07時36分54秒0002_R


成長に必要なのは「やめる」こと

ブラッド・スタルバーグ スティーブ・マグネス著、
「PEAK PERFORMANCE最強の成長術」

著者は、成長するのに
欠かせないものがあるといいます。

それが「やめること」です。

なぜ「やめること」が成長に必要なのかと言えば、
「負荷」と「休息」のサイクルを「習慣化」しなければならないからです。

習慣化するためには、些末な事柄を排除する必要があります。

忙しいとやることばかりで、
「負荷と成長」を習慣化できません。

気が進まない仕事を断ったり、
生産性のない、人付き合いをやめたりすることで、
時間が生まれ、負荷と成長が習慣化され、
成長することができるのです。

千田琢哉名言その2969

  2019年10月02日20時33分06秒_R


成長の方程式

ブラッド・スタルバーグ、スティーブ・マグネス著、
「PEAK PERFORMANCE最強の成長術」より。
 
著者曰く、成長に不可欠なものとして、
「負荷+休息=成長」
という方程式を提唱します。

「負荷」とは、高い集中力を発揮しながら物事に打ち込むことです。
限界まで没頭することで、負荷をかけることができます。

「休息」とは、疲労回復しながら
能力の熟成を行うことを指します。

休息に集中し、それ以外のことは何も考えないことが重要です。

この「負荷」と「休息」を繰り返すことで、
「成長」することができると述べています。

千田琢哉名言その2926

  2019年08月22日08時03分25秒0008_R
不連続でしか成長しないのが、
奥の深い本物だと考えておけば間違いない。



連続的成長・非連続的成長

連続的成長とは、目標に向け、
知識、技能などの経験を着実に重ねていくことで得られる成長のこと。

「やった分だけ成長する」「改善を繰り返すことで得られる成長」などを指します。

非連続的成長とは、
ある地点を境に、急激に成長することです。

環境や他人によってもたらされる場合や、
努力しても成長しない、スランプに陥った場合に
起こる成長を指します。

“種を蒔いたとたんに、芽を出すだろうかなどという心配をするのはやめよう。
あなたが種を蒔いた瞬間から、その種は間違いなく成長するのだから。
大切なのは、それからのあなたの行動である。”
―パッチ・アダムス

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ