FC2ブログ

千田琢哉名言その3306

  2020年09月09日16時24分56秒0004_R


誠実に君の時間を利用せよ。
ゲーテ

→自分の時間を誠実さに利用すると、
信頼が生まれる。

なぜなら、人間関係のベースは
「信頼」にあるから。

人が一人で生きていけない以上、
「信頼」が何よりの証明であり、
その他はおまけに過ぎない。

誠実さにどれだけ時間を投入したかによって、
人生の質が決まる。

千田琢哉名言その3285

  2020年08月19日08時26分39秒0005_R


交際の奥の手は至誠である。
理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。
渋沢栄一

→信頼は、人間の真摯さに追従する。

どんな場面にも、「真摯さ」があるかは命運を分ける。

仕事、恋愛、交友関係といったすべての人間関係は
「真摯さ」が物を言う。

虚栄心や自己満足から生まれた「Yes」は信頼を生まない。

「Yes」と言ったからには、「結果」を出さなければならないから。

千田琢哉名言その3261

  2020年07月23日19時03分17秒0005_R


相性の悪い人の意見ほど素直に耳を傾けるべきだと思う。
そんな相手の意見こそ的を射ている場合が多いからだ。
相手も相性が悪いことは知っているから、
人間関係のひび割れなど気にしない。
だから、歯に衣着せぬ意見がいえる。
斎藤茂太

→嫌いな人の意見は貴重。

なぜなら、自分の世界には「存在しない」考え方を持っているから。

「目の前のものは見えない」というが、目の前ですらない。

自分が一番見えないので、嫌いな人から気づかせてもらう他ない。

厳しい言葉の裏には、盲点が潜んでいる。

聞きたくない言葉の裏には、真実が潜んでいる。

顕在化するのは「嫌いな人」

千田琢哉名言その3168

  2020年04月25日21時41分24秒0004_R


現実の制度において勝ちっぱなしの人間が、
人間の弱さ、美しさを理解できるわけがないのだ。
人の気持ちを理解するためには、
なんらかの形で悲しみを味わった人であろう。
加藤諦三


現実の制度において勝ちっぱなしの人間が、
→人は勝ち続けることはできない。いつか負けを知る日がやってくる。
制度によってたまたま成功できた人。

人間の弱さ、美しさを理解できるわけがないのだ。
→負けを知った人間は、人の負けを理解できる。
勝ち続けている時は、永遠にわからない。

人の気持ちを理解するためには、
→当事者にならない限り、本当に理解できない。
「人の気持ちを理解しましょう」というのは、机上の空論。

なんらかの形で悲しみを味わった人であろう。
→悲しみを味わえば、共有できる。
ネット上の「共有」とはいわば、上っ面の「共有」
本当の意味で繋がることはない。

千田琢哉名言その3116

  2020年03月03日20時26分31秒0004_R


去る者は去れ。たとえ少数でも、
その意思のある者と共に、私は遠征する。
アレクサンドロス三世


去る者は去れ。
→職場を去ろうとしている相手に残ってもらうと…
・去ろうとしている相手は横柄になる
・仕事の質が下がる
・現場のモチベーションも下がる
・ねっとりとした関係が出来上がり、慣れ合いとなる。

たとえ少数でも、その意思のある者と共に、私は遠征する。
→去ろうとしている相手を潔く見送ると…
・残った社員の士気が上がる
・仕事の質が上がる
・現場のモチベーションが上がる
・サッパリとした関係が出来上がり、心地よい緊張感が生まれる

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ