「錐勉」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




『この世に「やらなくてはならない」

 勉強などない』



千田さん曰く、
『学生時代のやらされる義務勉強は
 本当の意味での勉強ではない。

 自ら進んで「やりたい」と思うのが
 本当の勉強。』
と。



社会に出てからは義務教育とは違い
自ら進んでやるのが勉強です。


むしろ
「勉強する」か「勉強しないか」の選択さえできる。


数年後、それはそのままその人の年収に比例してくる。


そして
勉強することに
「お金も時間も許す限り、ケチってはならない」
と千田さんは言います。


勉強は
唯一「ローリスクハイリターンの投資」です。

勉強は裏切りません。
裏切るのはいつも自分です。




追伸

「こんなことをしてる場合じゃなくて、
 私は勉強しなくちゃいけないはずなんだって思っていても、
 ついやめられないでやってしまていること、
 それがその人の本当に好きなことなんだよ。」

                    by中谷彰宏





そう
やめなくちゃいけないのにやめられないことが
その人の真の勉強なのです。

偽りの勉強をしているほど
人生長くない。


「錐」のように一点集中。

「水のチカラ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「人のレベルも放っておくと
 
 高きから低きに流れやすい」



千田さん曰く、
『結構イケてる人でも
 イケていない人グループの中にいると
 イケてない人になってしまう。

 水が高きから低きに流れるように
 人のレベルも放っておくと低きに流れやすい。

 花形部署にはモテる人が集い、
 斜陽部署にはモテない人が集う。』
と。


「類は類を呼ぶ」
と言いますが、正確には
「類は類になる」のです。

「類」の中に居ると
「類」になってしまうのです。

エネルギーが高いところから
低いところへ流れるのと一緒です。


人は同調してしまう生き物。


結果、
「優れたグループ」「劣っているグループ」
が自然と出来上がるのです。



一流になりたいのなら
いつも一流に触れている必要があります。



「頭ではなく肌で感じて初めて人は成長できる」
のではないかと思います。




追伸

「選択するということは優先度をつけることであり、
 エネルギーの分散を極力避けることである。」

                      by利根川進


逆に言えば
エネルギーは自らコントロールしないと
分散されるということ。

自ら選択することも大事なことです。

「門前の小僧」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「人というのは怖いもので
 
 感謝の記憶力がめっぽう弱い」



千田さん曰く、
『自分にメリットがあるかないかの損得で
 結婚した人は必ず不幸になる。

 メリットはいつか「当たり前」になるから。
 
 人は「感謝の記憶力」が弱い。』
と。



「感謝の記憶力」

確かに人間は
人にしてあげたことはよく覚えているのに
人からされたことはすぐに忘れます。


千田さんの言う
「感謝の記憶力が弱い」のです。


今まで「有り難い」と感じていたものが
いつしか「されて当り前」になっていきます。

本当は
すべてに感謝しなければならないはずなのに
つい忘れて、
目の前のくだらないことにいつまでも
こだわっています。


自分の中に感謝の気持ちが少しでも
芽生えたら、すぐに行動。

その気持ちになった時が一番の好機です。


「ありがとう…」




追伸

「門前の小僧習わぬ経を読む」
(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ) byことわざ


意味は
「日頃から見たり聞いたりしているものは、
 いつの間にか覚えてしまうものだ
 という例え。」


「感謝」も
日頃から目につくようにすることが大事です。




「門前の小僧習わぬ「ありがとう」と言う」







「絶対の正解はない」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「お金持ちになろうと思ったら

 人に使われている側にいたら

 難しいという話」



千田さん曰く、
『絶対の正解はない、
 ただお金持ちになりたかったら
 人に使われている側では可能性が低い』
と。



人に使われている側は制限はあるが
よほどのことをしない限り、
毎月給料が入ってきます。

逆に言えばよほどのことをしない限り
金持ちにはなれません。

「ローリスク、ローリターン人生」です。


人を使う側にいる人は制限がないため
責任はすべて自分にのしかかってきますが
自分の思うがままに仕事ができます。

やり方次第でお金持ちになります。

「ハイリスク、ハイリターン人生」です。

けれど
後者の人生の「リスク」というのは
努力次第で下げることが可能です。



この世には
この二つの居場所しかありません。
(例外を除く)

どちらを選ぶかは
もちろんあなたの自由。



「挑戦する人生」か「しがみつく人生」か。



「絶対の正解はない…」



追伸

「リスクとは、
 自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。」

                      byウォーレン・バフェット



「リスク」とは「予期できない事故」とは違い
自らの努力で減らせることができます。

絶対の正解はないですが…


「勇気の差」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「99%の人たちは
 
 挑戦するくらいなら貧乏でいいという
 
 人生を選択している」



千田さん曰く、
『人というのは能力の差以上に
 勇気の差が大きい。
 
 勇気はそれだけ尊い。

 いくら大言壮語を並びたてようと
 「挑戦するくらいなら現状にしがみつきたい」
 というのが本音。』
と。


「家族がいるから…」
「お金がないから…」
「時間がないから…」

みんな何かに託けて
挑戦する事から逃げています。

むしろ
それを選択しているのです。


千田さんは言います。

「勇気の差」だと。


そう、
「能力の差」より、「勇気の差」だと。


いたってシンプル。






「俺はいつかビックになる!」

不正解です。


99%の人達への模範解答は

「失敗が恐いし
 努力したくないし、面倒臭いので
 自分は貧乏人生で結構です。」

と言うべきです。









追伸

「自分が今ここにいるのは、自分がそれを望んだから」

この一言に尽きます。



誰かが自分の人生を用意してくれたわけではありません。

すべて自分が選択した結果です。




いたってシンプル…


本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ