「原点回帰」

  001_convert_20120208205636.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。


「第一志望に告白してフラれておくこと

 将来その第一志望を後悔させると決めること」



千田さん曰く、
『大学時代にしておきたいたった二つのこと。
 
 「第一志望に告白してフラれておくこと
  第一志望を後悔させると決めること」


 第二志望と別れないと第一志望とは
 永遠に出逢えない。』
と。



無難な線を狙って
第二、第三志望すると、
死ぬ間際に必ず後悔する。


「ああ、あのとき第一志望に告白すればよかった…」


恋愛に限らず仕事、家族、遊びと
すべてにおいて
「自分の持つ最高の力で最高の目標にチャレンジする。」



それが自分の人生です。



第二、第三で手軽に
自分を満たしてはいけない。



結局、自分に素直になることが
自分の望みが叶うことと一緒なのです。






追伸
Q、「どうしたら人生うまくいきますか?」
 「楽しい人生を送るにはどうしたらいいですか?」

A、「素直になること」




原点回帰・・・






追伸2

『人生、他人よりも「10」多く喜びを得ようと思ったら、
 必ず「10」多い中傷も他人から受ける。
 「プラス10」は「マイナス10」を伴う。
 無難でいたい奴は0でいろと言いたい。」
 
                  by矢沢永吉



振り幅のある人生。
振り幅のない人生。






「悪魔の言葉」

 
001+(10)_convert_20120207222501.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




「ある人にって成功する魔法の言葉は
 
 別の人が別の時間に別の場所で
 
 使ってもとんだ失敗に終わることもある」


千田さん曰く、
『必ず成功する魔法の言葉はないが
 必ず落ちぶれる悪魔の言葉ならある。

 「どうせ」「だって」「でも」は
 貧しい人がよく口にする言葉。』
と。



僕にとっては心の奥底まで届く言葉です。

当初の僕の考えは正にこの通り。

「成功者の名言を知れば成功するのではないか」
と。


日々、成功者の名言を集めていくにつれ

確信したのは、
「『名言」とはその人のバックグラウンドが
 あって初めて命が宿る・・・」
ということでした。


その人の生い立ち、歩んできた道の中で
ポッと出た言葉。

それが名言です。


その魔法の言葉を別の時間に別の人が使っても
成功するとは限らない。


いい武器を持っているだけ、
使いこなせない状態。

「ネコに小判」です。




追伸


自分の「魔法の言葉」を創り出すのが
人生です。







「夢中こそ人生の魔法」

        byMr.マリック





自分で自分に魔法をかけるのです。



 

「アウトな人達」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




『「遊び」と「仕事」の一体化が人生の醍醐味』


千田さん曰く、
『あなたの究極の遊びとあなたの究極の勉強は同じ。

 自分を磨く遊びが人生の醍醐味になる。』



人生最高の贅沢といえば

千田さんの言う
『「仕事」と「遊び」の一体化』です。







Aさん「趣味は仕事です・・・」

Bさん「え!?そんな人生つまんないじゃん。」

Bさん「人生楽しまなきゃ!」




多くの人は
「仕事」と「プライベート」は切り離して考えます。


正確に言うと
「切り離さなくてはやっていられない」状態です。


そんな人達は

「仕事をやらされている」人達。

「本当はこんなことしたくない」人達。

「仕事ではとてもじゃないけど
 欲求不満を解消できない」人達。

「世の中の大多数のそんな」人達。




確かに仕事はしなくては生きてはいけない。

人生を本当の意味で楽しむなら
「仕事」と「遊び」を一体化するしかありません。


24時間365日
好きなことに打ち込むことが自分の人生。


毎日が日曜日のような人生。


正に贅沢です。





追伸

「仕事は手段にあらずして目的だ。」

                by志賀直哉



そう仕事は人生の目的なのです。

手段にしたらアウト。
 

「人」

  001_convert_20120206204129.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。



「断られなければ人の痛みを理解できない
 
 人の心の痛みを理解できなければ幸せになれない」



千田さん曰く、
『人は就活を通して断れることの
 痛みを学んでいく。

 就活は「義務」ではなく「権利」だ。』
と。



人は自分が体験して初めて気がつくものです。


「断られること」をされて初めてその痛みを知る。


人伝に聞いたり見たりでは「その気持ち」にはなれない。


「その気持ち」になれなければ
人は幸せに気づくことすらできません。


今の自分の生活。

それは誰かの支えによって成り立っています。

「家族」「会社の従業員」「学校の先生」
「バスの運転手」「電力会社の人」
「近所のおじさん」


この人たちもまた他の誰かによって支えられています。


「人は一人では生きられない」


そして千田さんの言うように

「人の痛みを理解しなければ生きられない」
と。


世の中は自分のために回ってくれているように感じますが、
実は自分はその流れの一部でしかありません。


「人の気持ちがわかる」
というのは人間にとって
一番理解しなければならないものだと思います。



追伸
「結局、支えていると思っているもの支えられている」

                     by作者不詳


自分がいてあなたがいて今日がある。





「ピンチ  byチャンス」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。





「ピンチがきたら
 
 姿勢を正してお迎えしよう」



千田さん曰く、
『あらゆるピンチがやってきても
 解決策を見つける方法を習得しよう。

 どんなピンチも10年後には笑い話になっている。』
と。


「姿勢を正して・・・」という部分に惚れました。


「ピンチはチャンス」といいます。


勘違いしてはいけないのは
「ピンチがただでやってくるものではない」ということ。


ピンチは「動き」のあるところにやってきます。
毎日、ひたむきに努力をしている所に
「チャンス」は「ピンチ」の顔してやってきます。


もちろんその「ピンチ」をものにできなければそれは
ただの「ピンチ」でしかありません。



この千田さんの名言の真意は

「いつピンチ(チャンス)がきてもそれに対応できる実力を蓄えておくこと」


だと思います。
実力の表れが「正しい姿勢」にもなると思います。





追伸

「ピンチがきても気がつかない」のは最悪です。

まだ「ピンチから逃げ回っていた」ほうがマシ。





追伸2

「チャンスをピンチにするな。」
          
         by 松岡修造



紙一重です。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ