「武士の恥」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。

「最後には赦してあげると決める」


千田さん曰く、
『嫌がらせされた人間への最高の復讐は
 「見返す」ことではなく「赦してあげる」こと。

 「赦すこと」に勝る復讐はこの世に存在しない。』
と。



「赦すこと」が最高の復讐というのは誰もが度肝を抜かれたはず。




「目には目を、歯には歯を」


「やられたら、やりかえす」と思うのが普通の考え。



千田さんは
「赦す」と言います。


なぜ「赦す」ことが最高の復讐なのか?

それは
嫌がらせした相手に赦してもらったら
恥ずかしくてしょうがないからです。

スケールの小ささに悔やんでも悔やみきれなくなります。


惨めで反論の余地のない、
それは
「武士の恥」と言ってもいいです。






追伸


「恥は一つしかない。
 すなわち、なんの恥も感じないということだ。 」

                     byパスカル

 
赦してもらったのに恥すら感じない人間もいる・・・

だからこの世はおもしろい。




追伸2

「やられたら、やりかえす」には終わりがありませんが

「赦すこと」というのはそこで終わります。




「柔よく剛を制す」

「アウフへーべン」

  001+(7)_convert_20120209210939.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。


「静と動の一体化

 強と弱の一体化

 濃と淡の一体化

 光と陰の一体化
 

 大胆さと繊細さの一体化」



千田さん曰く、
『成功者たちは超リアリスト。
 
 夢を見ながらも厳しく現実を直視する。

 一見相矛盾するものを一体化させた人が成功する。』
と。




「あいむじゅんするものの一体化!?」

普通に考えたら・・・というか
対極なものを一体化すること自体の発想がありません。


千田さんは
「夢もリアル=現実という立場からしか見ない」
といいます。


「夢も現実」と一体化させることが成功への道
ということです。




日常に溢れるタブーな
「相反するものの一体化」


おもしろいものができそうです。







追伸

究極の一体化は「男」と「女」だそうです。

確かにその通りですね・・・






追伸2
「好きになった男と女が、
 無条件に自然にそのままの姿で合体する。
 それが純愛だ。」

            by 岡本太郎


タブーへの挑戦こそが人間の役目です。



追伸3
相反するものが一体化できるのなら
この世に一体化できないものはないと思います。

「貫通」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。


「自分の思い込みを世の中の模範解答に

 してしまうんだよ」



千田さん曰く、
『エジソンは
「夜も昼のように明るく生活できるようになるぞ」
 と思い込んで実際にそれを現実のものにした。

 ライト兄弟は
 「人も鳥のように空を飛ぶことができるぞ」
 と思い込んでそれを現実にした。

 当時の大人の常識からいったら
 もはやだれにも相手にされないくらい顰蹙を買っていた。
 
 成功者たちはインターネットで検索しない。

 自分の思い込みを世の模範解答にしてしまう。』
と。




今や「知識」というのは
インターネットでいくらでも手に入ります。

模範解答を得ようと思ったら
すぐにでも手に入る。


すでに「模範解答」は価値が無くなっている
世の中です。


さらに日常生活で必要なものもほとんど揃っているので
誰も平凡なものには興味を惹かなくなっている時代です。





これからは

「自分で自分の模範解答を創ってしまう」
時代です。


それが人を喜ばせ、人を感動させ、
発展させる術です。


モノでも考え方でも
「イノベーション」の発想への転換です。





追伸
「自分なりの思い込みを持っている人は強い。
 自分のやっていることが正解なんだと信じていれば、
 それが自信につながる。」

                 by秋元康



その思い込みを貫けるか否か。




本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ