「愛」

  001_convert_20111230220753.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。

「愛がなければ断ってはいけない」


千田さん曰く、

『「断ったら一歩前進」
 「断られても一歩前進」

 「断る、断られる」というのは
 ネガティブなことではない。

 むしろポジティブ。』
と。



断るにせよ、断らないせよ
そこに愛がない限り、
人を幸せにできません。



断るということは
何かを決断したということ。


結果どうあれ
決断したこと自体が
成長へ繋がります。


日本人は「断り下手」


相手のことを敬い
「断らない」のですが

徹底して「断らないこと」が
いい結果を生むはずもありません。

「断ること」が必要な時があります。


「愛のある断り」ができれば
人生は何倍も楽しくなると思います。





追伸
この本の冒頭に
「断る力は人生の黒帯」という
名言があります。


そして
巻末に
「愛がなければ断ってはいけない」
という名言があります。

そう
断るには
「断る力」と「愛」がなければ
断ってはいけないのです。

「素直」

  001_convert_20111228204412.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「自分に正直に生きられれば
 
他人にも寛大になれます」



千田さん曰く、
『自分に正直に生きるとは
 自分が好きなことをして生きるということです。

 「自分はこんなに好き勝手に人生を送らせてもらっている」
 という感謝のベースがあるので
 他人に対しても嫉妬心がない。

 人間は正直に生きた方がいい』
と。



そして
「自分に正直に生きていない人は他人に厳しい」
と千田さんは言います。


自分は我慢しているから他人にも我慢を
強要してしまう。

 
屍を焼いても最後に残るはへんねし(嫉妬心)です。


確かに
他人に対して寛大な人は
自分の人生で何かを持っている人だと思います。

持たせてもらっている分
感謝の念がある。

肝心なのは
「感謝の念」。

感謝はどんな小さなことでもできるもの。

人は一人では生きてはいけません。
どんな人でも必ず誰かに支えられています。

そこに感謝できれば
自然と幸せになれると思います。



追伸

「正直者はバカをみる」

なんて言葉があります。



現実は
「正直者でなくても
 バカをみる人はバカをみる」
です。








 

「自分の人生」

  001_convert_20111228200653.jpg
001_convert_20111228200854.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「他人の考えた正解より
 
自分で考えた間違いを選ぶほうが
 
はるかに楽しい人生を送ることが
 
できそうです」



千田さん曰く、
『長い目で見れば自分で考えた
 間違いはじつは間違いではなかったことに
 気づく。

 本当にやりたいこと本当に大切なことを
 守るために目先の利益を選ばずに
 これからの可能性を選んだ』
と。

人間とはどこまでいっても
「自分で納得」したい生き物です。

誰かが敷いてくれた安全と思われるレールの上を
歩んで行く人生。



危険と思われるが自分自身で敷いたレールの上を
歩んで行く人生。

そこには
「他人の人生」と「自分の人生」くらいの差があります。

どちらも「人生」

だが幸せかどうかはまた別の話。



けれど人間は臆病な生き物。

失敗を恐れ
人に正解を求めたがる。

「こうしたらうまくいく」
「ああしたらうまくいく」

そこに正解はありません。

千田さんの言うように
「正解は自分で出していくしかない」
からです。



追伸

「インターネット、TV、携帯電話」と
今や、大抵の情報ならすぐにでも手に入ってしまう時代。

むしろ
情報過多であると思います。

情報過多ということは
選択肢が多いということ。

まず情報に踊らされることは
間違いありません。


判断できる
知恵や知識を蓄えなければなりません。
そして自分で判断する。

「黒帯」

  001_convert_20111227201455.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「断る力は人生の黒帯」


千田さん曰く、
『「断れない」と「断らない」は違う。
 「断らない」ためには「断れること」が
 大前提。

 「断れない」と「断らない」とでは
 一見すると同じに見えますが本質は対極の関係。


 まずは「断れる」
 ようになるための実力をつける
 ことが大事。』
と。



今まで「断ること」は「逃げること」
だと思っていました。


けれど
この本を開いた途端。


「断る力は人生の黒帯」

思わず付箋をつけてしまいました。


かっこいい言葉です。






昔から
「断れない日本人」
といわれますが

現代もそれは根付いています。


相手のことを思い、
「断らない」

本当は

「断れない」
のです。


千田さんはいいます。

「実力があってはじめて断れる」
のだと。


そう、
実力がないうちは断らず
何でもやってみること。


実力がないためできません。
というのは
「断ること」でなく
「断ざるをえない」状態。

実力があってはじめて
本当の「断り」ができるのです。





追伸

「断じてやる」


「断固としてやる」
という意味ですが

本当のところは
「断らずになんでもやってみる」
という意味でも取れます。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ