FC2ブログ

「いいものを生み出す方法」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。


千田さん曰く、
『一流とは清濁併せ呑めるということ。
 
 文筆家の一流は
 「言葉で自殺を思いとどまらせる、
  言葉で人を殺せる」ができること。』



「清濁併せ呑む」とは
善・悪のわけへだてなく、来るがままに受け容れること。

つまりは
相反するものの組み合わせができる度量の大きさ。


それはもはや能力と言ってもいいです。




第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した、
「おくりびと」という映画があります。

この映画のコンセプトは
「対極にあるものを結んで、今までありそうで
 なかったものを生み出す」というものです。

それは「死の美しさ」です。

「死」は怖いもの避けたいものです。
「美」とはその対極になります。

その二つの融合によってあれだけのすばらしい作品ができあがりました。


まさに
「清濁併せのむ」効果です。





「何故死を恐れるのか?死は人生で最も美しい冒険なのだから。」

                    byフローマン



「光と影」対極するものの組み合わせは、考えもつきません。

その考えは先入観で自動的に削除されてしまいます。

そこに気がつけたかどうかが天才、凡才の差です。





【ヒトコトメイゲン】



001_convert_20120515075334.jpg

「挑戦する気持ちを取り戻す方法」

  001_convert_20120514081351.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。


千田さん曰く、
『人生に遅すぎることはない。
 「今」この瞬間は二度とやってこない。

 転ぶのは誰だって怖いが、もう一度
 あの頃のように自転車を乗る練習をしよう。

 ライバルは幼稚園の頃のあなただ。』



幼稚園の頃、自転車を初めて乗った時、
転びまくりました。

転んだ時、
すごく怖かったけれど「乗れるようになりたい。」
ただそれだけでした。

何度か転んで乗れるようになったあの喜びは
今も忘れることはありません。



僕ら大人は
いつしか、転ぶことに恐れ、
「補助輪」という名の保険をたくさん掛けてきました。

「失敗してはいけない…」
「赦されない…」

「安定」を求めることは人間の防衛本能なので
自然なことです。

けれどこの「安定」というのは
幻想でしかありません。

今の日本を見れば一目瞭然。
どこにも「安定」「絶対」はありません。


だからこそ、もう一度
幼稚園の頃の純粋な気持ちで挑戦しよう。
 




こんな記事が・・・






人生に遅すぎるということはない。
何をするにも一番の若い瞬間は「今」です。


【ヒトコトメイゲン】


こんな記事が・・・

「ヒラメ人間」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。

「できる人はいつも上から目線でもなく
 
 下から目線でもなく水平に生きている」


千田さん曰く、
『実力を磨くのを怠った人は愛想笑いをする。

 できる人は愛想笑いをしない。
 
 それは媚びる必要がないから。

 できる人はいつも上からでもなく下からでもなく、
 水平の目線でいる。』
と。




実力があるから媚びる必要がない。

実力があるからおどおどする必要もない。

実力があるから仕事をするふりをする必要がない。




すると
「人は自然と水平に生きられる。」

と千田さんは言います。


上から「力」で人を抑え込む必要もないし、
下から「ヒラメ」のように人の目を気にする必要ない。

自然と自然になれます。



上からや下からの人達は
自分の仕事のコンプレックスを隠すために
必死なのです。


必死になる方向を誤ったのです。


僕たちはただひたすら
実力をつけるのに必死になればいいのです。





追伸

「実力の前には、縁起も通じない。
 ジンクスも何も無力や。」

         by野村克也


人は素直に自分の実力を認めれば成長できます。

女々しい考えがあるから「ヒラメ人間」が生まれるのです。


ただ素直になるだけ。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ