「たった1つ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「『すべての原因は自分の心の中にある』
 
 ということに」



千田さん曰く、
『原因を外に求めれば求めるほどに
 ますます苦しまなければならない。

 すべての原因は自分の心の中にあることに気づけば
 幸せになれる。』
と。



この本のタイトルである
「人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと」



その1つとは
「すべての原因は自分の心の中にある」
ということ。



それに気づいた時、人は幸せになれると。



それに気づいた時、相手を赦すことができます。
それに気づいた時、上司をもっと尊敬できるようになります。
それに気づいた時、会社に行くのが楽しくなります。
それに気づいた時、当り前と思っていることが当り前ではないと思います。


・・・それに気づいた時、人に感謝できるようになります。




自分が「悪い」ということではなく
自分に「原因がある」と思うこと。


変われるのは常に自分だということです。


そんな人は放っておいても幸せになると思います。






追伸
「過去の因を知らんと欲せば其の現在の果を見よ
 未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」


                   by心地観経



原因は「今」(自分)にあると考えると
未来も過去も変えられます。





「背中」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢を追いかける背中を見せるのが
 
 最高の教育」



千田さん曰く、
『子供が一番ガックリするのは
 夢をあきらめた大人の背中を見ることだ。

 「早く大人になりたい」と子供に言わせたら
 教育は成功だ。』
と。


すごくいい名言だし、納得の名言です。
そしてカッコイイ・・・







「誰のために毎晩遅くまで働いてると思っているんだ」

「大人は大変なんだ」


この言葉で子供は
「大人になりたくない」
「大人というものを直視できなくなる」
と思います。



「教育」というのは
何も手を差し伸べる事だけが「教育」ではありません。


「自らのやる気が出る」ことが最高の教育です。


動物の世界でも
親の行動を見て子は育ちます。




親が夢に向って突き進んでいたら
子供もそうなります。





「ああなりたい・・・」

すべてはそこから始まります。





追伸
「自らのやる気が出る」事が最高の教育。

それは子供だけでなく大人も同じ。





追伸2

「子供を幸福にしたければ、親が幸福になりなさい。
 だって不幸な親から幸福な子は決して生まれません。」

                        byむのたけじ




「親の背中をみて子は育つ」というのは
尤もなことだと思いました。






「おとといきてください」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢は子供が見るものではなく

 大人こそが見るもの」



千田さん曰く、
『自分にとって建前の夢や嘘の夢を見ていても仕方がない。

 そんな夢は自分が叶わないことをよく知っているから
 絶対に叶わない。

 実は私達の人生は夢そのものなのだ。』
と。




「いつまでも夢ばかり追いかけていられない…」
「現実はシビアだよ。夢なんて…」
「大人になると現実を見るから夢を語らなくなる。」


なんて、
ねっとりした嘆きをよく聞きます。


そういう人たちは逆なんです。

「夢を語らなくなるから、つまらない現実を見ざる負えない」
のです。


自らそうしている。だけの話。


悲劇のヒーロー気取って、
実は勇気がないナマケモノです。



千田さんの言う
「私達の人生は夢そのもの」



夢も現実にできる。

自ら望めば、望んだ方向へ勝手に向かう。

そういう話です。





追伸
「人は、子供時代になりたくてなれなかった自分と
 現実になれた自分との間に折り合いをつけて
 そのとき大人になる。」

               by映画「20世紀少年」




そのあいまいさを理解することが
「大人になる」ということなら
丁重に断ろうと思います。





追伸2
結局、
「人間が生きるということ」は
「夢を叶えること」に他ならないのではないかと思います。


その夢を叶えた人、叶えられなかった人の
違いのは「熱意」と「目線」だけだと思います。


「人知を超える」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢には正解と不正解があるわけではなく

 本音と建前があるだけだ」




千田さん曰く、
『人から尊敬されるような夢を語ってはいけない。
 本当に心の奥底から思えるような本音を
 語らなければならない。』


そして千田さんは
『未来完了形で振舞うと夢は叶う』
と言います。


自信や確信でもなく
まるで夢が叶っているかのように振舞っている状態が
夢をかなえると。


非現実的に感じると思いますが、


事実、
脳が勘違いをして
現実とのギャップを埋めようとがんばります。


脳は毎秒1000万ビットを超える情報を
処理すると言われます。


この驚異的な脳の構造を考えれば
大抵の夢は叶わないわけがありません。


人の力は人知を超えます。





追伸
「脳の潜在能力を引き出すためには『楽しむ』感覚が必要です。
 そうでないと潜在能力だけでなく、
 身に着けたスキルも十分に発揮できない。」

                    by茂木健一郎




「ワクワク」「ニヤニヤ」しながら夢と現実を
「アウフヘーベン」した時、夢は叶うということです。


自ら行動を起こした者だけが夢を叶える。


「夢を語る114歳」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢は腕を組んで

 ウンウン考え込むものではない」



千田さん曰く、
『考え込むようなことは夢でもなんでもない。

 現実的か否かではなく
 直感で自分のやりたいことを思い出すだけだ。』
と。


「夢」とは
できるのかできないのかを考える前に
飛び出てきてしまうもの。




大山倍達さんの言葉で
「できるかできないかを考えるのではなく
 するかしないかを決めろ」
という名言があります。


そう、
本物の夢を語れる人と言うのは

「できるのか」「できないのか」を考えていません。

「するか」、「しないか」で
すでに「する」と決めてしまっている人です。

しかも
「する」を超えて「したい」とフライングしている人です。


・・・実は
夢を語るにも権利があったのです。



追伸

夢を夢に終わらせるほどの人生の悔いはありません。
だからこそ「フライング」です。





追伸2

100歳になっても
夢を熱く語れるおじいちゃんになりたいです。




本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ